【スーパー耐久第4戦】ポールからダントツの展開が…! 介護用品と介護施設

【スーパー耐久第4戦】ポールからダントツの展開が…!のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

【スーパー耐久第4戦】ポールからダントツの展開が…!

全長120cm!!!全長120cm 1/4 F1 青 白■BMW ウィリアムスタイプ●超ビック!ラジコン

スーパー耐久シリーズの2007年第4戦『SUPER TEC 2007』は、8月4日・5日に富士スピードウェイにて開催された。総合優勝は、ST-class1の8号車「黒豆リボイス GT3」を駆る清水康弘/竹内浩典組(チームアートティスト)が優勝。

前日の予選では、ST-class 1のポイントスタンディグスでは4位の50号車「bmw Z4 M Coupe」(柳田真孝/ファリーク・ハイルマン)がダントツの速さを見せ、初のポールポジションを獲得した。

決勝でも、50号車がそのままポールから飛び出し、2位以下を置き去りにする展開。39周目からのセーフティーカーランでギャップが失われても問題なく、解除後に再び2位以下を突き放す。だが3時間を過ぎ、50号車の初勝利も確実と思われた矢先、残り時間40分というところで、まさかの緊急ピットイン。シフトリンケージのボルト破損の修理で15分を失い、またも不運な結果となってしまった。

結果、2位につけていた8号車黒豆リボイス GT3が優勝。ST-class1でクラス3連勝の圧倒的な強さを誇ってきた3号車「ENDLESS ADVAN Z」(影山正美/青木孝行/藤井誠暢)は3着となり、年間ランキングでわずかながら詰め寄られた形だ。

そのほかのクラスは、ST-class 2が11号車「オーリンズ・ランサーEVO・MR」(木下隆之/中谷明彦)が無敵の4連勝を達成。ST-class 3は、ランキング1位の113号車「カルラレーシング☆ings北海Z」(大井貴之/伊橋勲)が今季初優勝。ST-class 4は、ランキング5位の18号車「FUNKY-SコスモソニックFKingsDC5」(浅野武/笠原智行/水書健司)が優勝している...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


全長120cm!!!全長120cm 1/4 F1 青 白■BMW ウィリアムスタイプ●超ビック!ラジコン


◆bmw関連ブログ記事
【F1】騒動渦中のアロンソ獲得にBMWが...
... 別のチームに移るのではないかとうわさされる中で、BMWがアロンソの獲得に興味を 示していると伝えられている。 ... アロンソの移籍先の 可能性としてBMWを挙げている。 BMWは、豊富なリソース、潤沢な予算、急速に向上しているパフォーマンスなど ...

データ補完報告-ユニベット
... ユニベットのデータ欄を補完することが出来ました。転載許可を頂き、感謝です。 ちなみにユニベット、使ってる車はヒュンダイだけではないかもしれない(ツールドスイスにてBMW使用)…とのことでした。が、私がゲントでみた時にはたしかにヒュンダイ ...

★付けちゃった・・・
... 車の雰囲気というかテイストの都合でコレを付けるのはどうにもって感じだったんですが BMWならコレをつけても問題無いだろうってコトで付けてみました♪ ノーマル ... 柄もあったんだけど、ソレにしてやろうかな・・・ BMWなら出来るな (笑)


スポンサーサイト

2007年08月15日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。