【よこ顔】ユーモアは人生を豊かにする、困難克服への道=若林一声さん(中) 介護用品と介護施設

【よこ顔】ユーモアは人生を豊かにする、困難克服への道=若林一声さん(中)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

【よこ顔】ユーモアは人生を豊かにする、困難克服への道=若林一声さん(中)

クアーズ ライト 1ケース(24本入)
【PJ 2007年08月13日】- (上)からのつづき。若林一声さんは38歳で信用金庫を辞め、プロ司会業として独立した。2人の子どもが家にいて、育ち盛り。決して楽な道ではない。プロとして初めての司会は、東京・上野の弥生会館の結婚式だった。プロフェッショナルの道は拓(ひら)けたが、毎日、司会のしごとがあるわけではない。

 苦しいプロへの挑戦がはじまったのだ。「金を取ることは、素人のように気楽にできない。常に自分の技を磨く必要があります。お金にはならないけれど、演芸慰問をはじめました。そこには観(み)てくれるひとがいるし、場数が踏めますから」。現在のように福祉施設は多くなかった。江戸川区の住まいから、八王子市の老人ホームまで、手弁当で通い続けた。

 「モノマネ」だけでは老人が飽きるし、時間が持たない。トークのなかに『笑い』を入れる必要を感じた。それにはコツがある。間の取り方、タイミングの図り方で、おなじ内容の話でも、受け取られ方がずいぶん違う。

 「ひとを笑わすことは、骨の折れることです」と話す。学生時代の同級生のなかには、喋(しゃべ)り方、動作すべて笑いをともなう、天性の者がいた。生まれながらにして『笑い』の能力をもつ。若林さんにはそうした先天性の『人を笑わす』と能力などない、根は面白くない人間だと自覚していた。

 「最近は結婚式の司会が少なくなりました。かつてはホテル、神社、料理屋でも結婚式をやっていた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


メディアカイト グランパ「守りの資金運用 保険・税金・年金編」


◆年金関連ブログ記事
厚生 ホームページ
... 未来に向かって羽ばたかせる原動力 ... 入学 1958年 札幌医科大学医学部卒業 三井厚生年金病院でインターン 1959年 医師免許取得 ... 良質な情報の交換できる場がない ・ホームページ作ってもらったけど全然モノが売れない ・ホームページを作り ...

年金 基金
世界同時株安と「年金資金」の行方 ... グリーンピア・年金住宅融資などで年金資金を大きく減額させた年金福祉事業団→年金資金運用基金→年金積立金管理運用独立行政法人と看板のかけ替えを続けてきた年金食いつぶし集団の巣窟なのだ。 この巨額の年金資金 ...

FRBの緊急利下げで
... この後も年金を払わない若者が増えているから今後給付も危うくなる、なんてつけも後で払うんだ。今は午前2時に小腹がすいてコンビニに行けばなんか食べられるし雑誌も買えるなんて便利さを彼らが支えてくれているけど。 ...


スポンサーサイト

2007年08月18日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。