JAM Projectは激しく!! 水樹奈々ちゃんはキュートに!! アニサマ2007 レポート(4)  介護用品と介護施設

JAM Projectは激しく!! 水樹奈々ちゃんはキュートに!! アニサマ2007 レポート(4) のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

JAM Projectは激しく!! 水樹奈々ちゃんはキュートに!! アニサマ2007 レポート(4)

清楚に煌めく優しさと豪華さ!マーキーカットデザインが魅力!送料無料2つのお花イヤリングS・...
これまで3回に渡って掲載した<アニサマ 2007>レポートもついに今回でラスト!

ライヴも終盤戦に差し掛かりついに大御所登場。アニメ『ドラゴンボールZ』の、あの名曲「CHA-LA HEAD-CHA-LA」の影山ヒロノブをリーダーに、松本梨香、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹からなるアニソン界最強ユニット、いや、アニソン界の至宝・JAM Projectだ。スモークの中に浮かび上がる6人のシルエットが幻想的。そして壮大に、かつアグレッシブに「Break Out」からスタート。歪んだリードギターとシャウトが最高に心地よい。

<I can fly!(Hey) You can fly!(Hey) / We can fly!(Hey) “Motto Motto”>

「SKILL」では、彼らの魂の叫びにオーディエンスが応え、 かつて体験したことがないほどに武道館が揺れる! まさに熱い “Sparking!”を感じさせるライヴだった。

そしてトリに登場したのは水樹奈々。単独での横浜アリーナ公演を成功させる実力は伊達ではない。高いヴォーカル能力と表現力、安定性、そして愛くるしい表情。21世紀に降り立ったアニソン界のプリンセスは、アニソンだけに留めておくには惜しい逸材だと常々思ってしまう。それほどに彼女のパフォーマンスにはファンを、いや、ファンではない人でさえも魅了してしまう何かがあるのだ(キュートな姿は下記フォトアルバムにて!)。

エンディングでは、アニサマ2007のテーマソング「Generation-A」を、さらにアンコールではこれに加えて昨年のテーマソング「OUTRIDE」も出演者全員で披露...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


□浪花商人■ステンレスボトル 750ml 3個セット かっこよくて利便性あり♪


◆花関連ブログ記事
ありがとう、Lowe’s!
... 植木って結構、高いのよねぇ~!だから、花が賑わう時季には、グッと買うのを我慢して、夏の終わりからのclearanceを狙うのが ... 家具の組み立て&取り付け、解体、風呂場リフォーム、花壇造り、きこり、根株の取り除きetc...書いてるときりが ...

ふわふわのベールで
包んでくれる人などいないと 昨日も今日も明日も思っている だから私は自分で包もう うすくてやわらかい ふわふわのベール 花嫁さんみたいになれる日も 来るのかわかんないから(笑)

RISING SUN ROCK FESTIVAL2007 0818編
... 久しぶりに君という花。にループ&ループの流れは最高。 The Birthdayがボヘミアンステージという1番遠いステージだったから早めに移動。想像以上の狭さに驚く。次がテナーなので途中で切り上げる予定だったけど ...


スポンサーサイト

2007年08月22日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。