近藤県議に有罪判決 「選挙の公正を侵害する悪質な犯罪」 介護用品と介護施設

近藤県議に有罪判決 「選挙の公正を侵害する悪質な犯罪」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

近藤県議に有罪判決 「選挙の公正を侵害する悪質な犯罪」

憎しみが愛に変わるとき
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070809-00000052-san-l11
 4月の県議選をめぐり、当時のふじみ野市議に現金を渡したとして、公職選挙法違反(現金買収など)の罪に問われた県議、近藤善則被告(48)=同市中ノ島=の判決公判が8日、さいたま地裁であった。中谷雄二郎裁判長は「選挙の自由・公正を侵害し、社会の腐敗を招く危険かつ悪質な犯罪」として、懲役2年、執行猶予5年、追徴金10万円(求刑同2年、同10万円)を言い渡した。近藤被告は同日、判決を不服として控訴した。

 判決によると、近藤被告は12年ぶりの選挙戦で、選挙対策本部の立ち上げが遅れるなど危機感と焦りを募らせ、1月15日夜、当時のふじみ野市議6人を自宅に集め、票の取りまとめを依頼。「推薦料 自由民主党上福岡支部」と書かれたのし袋に現金5万円を入れて5人に渡した。

 公判では現金の趣旨が争点となり、弁護側は「市議選に向けた党支部からの推薦料で、買収の意図はない」と無罪を主張していたが、中谷裁判長は判決で「上福岡支部の推薦料交付は先例がなく、推薦状交付などの手続きもない。会合の話題も主に県議選への支援要請で、推薦料交付の話はなかった」と指摘。「市議が受け取りやすく、発覚しても言い逃れできるよう推薦料名目で買収金を渡した」と検察側の主張を全面的に認めた。

 グレーのスーツに紺色のネクタイ姿で法廷に現れた近藤被告。判決後、中谷裁判長に「あなたの行為は犯罪と認定せざるを得ない。深く反省し、二度と手を染めないように」と諭されたが、終始無言で、表情を変えなかった...

ニュースの続きを読む


[DVDソフト] 俺たちの勲章 VOL.2


◆近藤善則 公判関連ブログ記事
さいたま最新情報・・・近藤県議に有...
... 当時のふじみ野市議に現金を渡したとして、公職選挙法違反(現金買収など)の罪に問われた県議、近藤善則被告(48)=同市中ノ島=の判決公判が8日、さいたま地裁であった。中谷雄二郎裁判長は「選挙の自由・公正を侵害し ...

大変な事が 近藤県議に有罪判決 「選...
... 当時のふじみ野市議に現金を渡したとして、公職選挙法違反(現金買収など)の罪に問われた県議、近藤善則被告(48)=同市中ノ島=の判決公判が8日、さいたま地裁であった。中谷雄二郎裁判長は「選挙の自由公正を侵害し ...

日本で一番堕落腐敗しているふじみ野...
... 8月2日15時1分配信 毎日新聞 ◇論告公判 4月の県議選西5区=ふじみ野市(旧上福岡市)=で当選し、公選法違反(買収など)の罪に問われたふじみ野市中ノ島1、県議、近藤善則被告(48)の論告求刑公判が1日、さいたま地裁(中谷雄二郎裁判長 ...


スポンサーサイト

2007年08月24日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。