ふじみ野市議選挙違反 懲役2年、追徴金10万、公民権停止5年を求刑 介護用品と介護施設

ふじみ野市議選挙違反 懲役2年、追徴金10万、公民権停止5年を求刑のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ふじみ野市議選挙違反 懲役2年、追徴金10万、公民権停止5年を求刑

幸徳秋水等の大逆事件
 4月8日投開票された県議選をめぐり、当時のふじみ野市議に現金を渡したとして、公職選挙法違反(現金買収など)の罪に問われた県議、近藤善則被告(48)の論告求刑公判が1日、さいたま地裁(中谷雄二郎裁判長)で開かれた。検察側は「金の力で選挙戦を有利に進めようとした動機は無分別で短絡的。民主主義を支える選挙の公明・適正を害する重大犯罪」として、懲役2年、追徴金10万、公民権停止5年を求刑した。判決は8日。

 推薦料とされた現金について、検察側は「選挙対策本部の役員になってほしいと市議に依頼し、役職を話し合った直後に現金が交付されており、選挙運動の買収金であることは明らか」と指摘した。

 一方、弁護側は「(近藤被告の)選挙地盤は強固で圧勝も予想しており動機がない。現金は推薦料で買収の意図はなく、犯罪が成立しない」と無罪を主張した。

 この日、近藤被告は灰色のスーツに紺のネクタイ姿で法廷に現れ、「県民の代表として選挙で正々堂々と戦ってきた。裁判で無実であることをぜひ理解していただきたい」と述べた。

 論告などによると、近藤被告は12年ぶりの選挙で、選挙対策本部の立ち上げが遅れるなど危機感や焦りを募らせ、1月15日夜、当時のふじみ野市議ら6人を自宅に集め上寿司を振る舞い、票の取りまとめを依頼。「推薦料」と書かれた現金5万円入りの祝儀袋を5人に手渡した。

【関連記事】
・ 元Jリーガー友近氏支援の2人、公選法違反
・ 投票終了前の逮捕者25人、50事件を摘発へ
・ 公選法違反で逮捕者21人 前回より減少
・ 【書評】『選挙違反の歴史』季武嘉也著
・ 落選腹いせ!?参院選ポスター破って逮捕
(引用 yahooニュース)


【ポイント2倍(8/31am9:59迄)】芥川也寸志×野村芳太郎「八つ墓村」「事件」「鬼畜」オリジナル...


◆近藤善則 公判関連ブログ記事
選挙違反
... 当時のふじみ野市議に現金を渡したとして、公職選挙法違反(現金買収など)の罪に問われた県議、近藤善則被告(48)の論告求刑公判が1日、さいたま地裁(中谷雄二郎裁判長)で開かれた。検察側は「金の力で選挙戦を有利に進めようとした動機は無分別で ...

参院選前哨戦さながら火花散らす。県...
... 「県政調査費の使途全面公開を求める請願を求める請願」と 「公選法違反罪で公判中の近藤善則県議への辞職を求める請願」 の二件の対応をめぐって、自公の勢力と民主中軸勢力が真正面からぶつかった。 ...

さいたま最新情報・・・近藤県議に有...
... 当時のふじみ野市議に現金を渡したとして、公職選挙法違反(現金買収など)の罪に問われた県議、近藤善則被告(48)=同市中ノ島=の判決公判が8日、さいたま地裁であった。中谷雄二郎裁判長は「選挙の自由・公正を侵害し ...


スポンサーサイト

2007年08月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。