銀幕に人権映し半世紀 差別、いじめ…社会の矛盾問い 九州共同映画社 学校中心に600本上映 「子ども 介護用品と介護施設

銀幕に人権映し半世紀 差別、いじめ…社会の矛盾問い 九州共同映画社 学校中心に600本上映 「子どものページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

銀幕に人権映し半世紀 差別、いじめ…社会の矛盾問い 九州共同映画社 学校中心に600本上映 「子ども

サメ軟骨シャークパウダー
 部落差別問題など人権や平和をテーマとした16ミリフィルムにこだわり、福岡県内を中心に学校や公民館などで自主上映を続けてきた「九州共同映画社」(福岡市中央区)が今月、創立50周年を迎えた。大劇場には掛かりにくい作品を中心に、採算度外視で銀幕に映し出してきた映画は約600本。「子どもたちの心に、映画で命や平和の尊さを訴え続けたい」。関係者は決意を新たにしている。

 同社が創立されたのは1957年9月。労働組合の大衆運動の一環として、50年に誕生した共同映画社(東京)の指導を受け、九州・山口に映画を通じて平和や人権意識を広げることを目的に産声を上げた。

 57年には、筑豊の炭鉱街で暮らす生活困窮児を描いた「ボタ山の絵日記」や、同年7月に米軍立川基地(東京)で起きた拡張反対闘争を記録したドキュメンタリー「砂川の人々」などを上映した。部落差別問題に切り込んだ名作「橋のない川」は69年。受験競争や校内暴力など、教育現場の荒廃が深刻化した78年には、教育映画「兎(うさぎ)の眼(め)」を扱った。

 いじめ問題に対応した「5等になりたい。」(95年)に、老人介護問題の深刻さを啓発した「1本の手」(98年)、ハンセン病元患者への根深い差別を描いた「風の舞」(2003年)‐。

 創立当初から一貫して社会派の作品を上映し、戦後社会が抱えてきた矛盾や課題を世に問うてきた。

 会社は4人の小所帯で現在の社長は五代目の井上裕治さん(48)...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


サイドカップ ニンジンVF


◆介護関連ブログ記事
毎週の・・・
... アマゾン 言っ 大阪 引手 希望 寝坊 開始 久しぶり 決定 受付 介護 者 コール 一覧 システム 拠点 ずっと 下さい 仲介 就職 思い 少な目 について 他 日和 ヶ月 限定 著作 問い合わせ 長岡京 支援 サイト 震度 数 地域 形態 background 職種 働き ...

昨日は泣いちゃった
昨日は我が家最後の運動会でした。 息子が中三だからです。ビデオ抱えてカメラもって、早起きしてなんてもうないと思うと涙があふれて、、、 だんだん、親離れしていく息子。 当日も来てほしくないけど、それもかわいそうだしぃ、、、みたいなことを言って。 ...

変身!!! したいなー!!!
昨日忙しくて午後からあちこちと走り回っていたら・・・ 何か妙なものが付いてくる。 気になって・・・・あれは??? 携帯でパチ。 ...


スポンサーサイト

2007年09月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。