「嚥下」機能強化へ チーム結成 守山市民病院 介護用品と介護施設

「嚥下」機能強化へ チーム結成 守山市民病院のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「嚥下」機能強化へ チーム結成 守山市民病院

サメ軟骨シャークパウダー
 物を食べてのみ込む「嚥下(えんげ)」機能を強化し、高齢者の病気を未然に防ごうと、守山市民病院(滋賀県守山市守山4丁目)の看護師や介護福祉士らが「摂食嚥下チーム」を結成した。
 同機能の衰えで食べ物が気道に入り肺炎になるケースも多い。チームは高齢者を介護する家族を対象に、病院内で指導する一方、今月末からは市内に出向いて講習会を開き、地域の高齢者世帯にもノウハウを広げる。
 嚥下機能は年齢とともに低下し、その衰えは、誤って食べ物が気道に入って起こる誤嚥(ごえん)性肺炎の原因となっている。気道をふさぐ弁の働きが鈍ったり、むせにくくなって誤嚥し、肺に雑菌などが一緒に入るためで、特に高齢者で肺炎を繰り返す場合、誤嚥性肺炎が少なくないという。
 同病院の看護部長阿部邦子さん(58)は「介護する家族が、機能強化や安全な食べさせ方を身につければ肺炎を防げるのでは」と考え、看護師や介護福祉士、管理栄養士らに呼びかけ、4月にチームを結成。専門家の指導も受けて活動を始めた。
 現在10人になったチームは、病院内で患者の家族に、口の周りを刺激して唾液(だえき)の分泌を促す方法や、食事介助の時に誤嚥を防ぐための体の姿勢や顔の位置、口の中の雑菌繁殖を防ぐ口腔(こうくう)ケアなどを指導している。
 今月末と来月には、市内の地区会館3カ所で高齢者と暮らす市民向けに講習会を開き、今後も要望があれば出向いて講習会などを開くという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


【哲商事】プロムナードステッキ 固定タイプ


◆介護関連ブログ記事
175R/Bremen
... from “175R TOUR 2007「果てなき明日へと」” PICASSO 雨のち君 【特典映像】 175R in Bremen 2007.2.9~13 介護保険の事、健康食品、音楽、求人、ダイエット・・・etc 是非一度遊びに来て下さい。↓↓↓ 「 生活密着型情報サイト Lisintown ...

国家泥棒説って、昔から言っていたこ...
社保庁問題から始まったわけではないでしょうが、年金横領問題や助成金詐取問題等々、いろいろと次から次へと手を変え品を変えて出てきています。けれども、まったく新鮮な話題ではないですね。 ...

<老人ホーム>女性の腸内からスプー...
... 入所者を24時間監視しているものなのでしょうか? 介護師(?)ひとりあたり、 何人くらいの入所者をみないといけないのでしょうか? 家族はどのくらい関わるものなのでしょうか? スプーンを飲んでしまっても そのことを自分で言え ...


スポンサーサイト

2007年09月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。