ニュースワイド2007:自治体病院の連携構想 「共倒れ」防ぎ、効率化 /北海道 介護用品と介護施設

ニュースワイド2007:自治体病院の連携構想 「共倒れ」防ぎ、効率化 /北海道のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ニュースワイド2007:自治体病院の連携構想 「共倒れ」防ぎ、効率化 /北海道

【送料・代引料無料】固定力腰ベルト【お届けに7~10日】
 ◇道内30区域に中核病院 医対協、来年度実現を目指す
 赤字に悩む道内の自治体病院について、近隣の市町村ごとにグループを作ってスリム化する連携構想が道医療対策協議会(医対協、会長・高橋はるみ知事)で議論されている。全道を30区域に分け、中核病院を一つずつ指定する案が年内にまとめられ、早ければ来年度の実現を目指して各地域に検討を促す。【真野森作】
 ■赤字経営
 道内では82市町村が計94病院を経営。05年度の決算状況調査では、7割に当たる61市町村の病院事業が赤字で、赤字額は計111億円に上る。一般会計などから借り入れている累積欠損金は年々増加し、計1208億円に達した。
 根本的な原因は、人口が減少する中、各病院の規模が大き過ぎることだ。縮小しようにも「住民の不安や、市町村職員として身分保障されている看護師らの人員削減が容易ではない事情もある」(道医療政策課)。
 しかし、今年6月に成立した財政健全化法により、09年度から病院も含めた全会計の赤字比率が財政状況の評価対象となる。病院会計に大ナタを振るう必要に迫られており、道や市町村、医療団体などで構成する医対協は06年8月から対策を議論してきた。
 ■スリム化
 素案では全道を30区域に分割した。例えば、空知中部4市3町の区域には▽砂川市立(入院ベッド535床)▽歌志内市立(同60床)▽芦別市立(同159床)▽赤平市立(同251床)▽奈井江町立(同96床)の5自治体病院が並存...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【連続SA0921】


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月23日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。