富士経済の07年のトイレタリー用品30品目市場調査、大人用紙おむつは10年で69%増の740億円の見込み 介護用品と介護施設

富士経済の07年のトイレタリー用品30品目市場調査、大人用紙おむつは10年で69%増の740億円の見込みのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

富士経済の07年のトイレタリー用品30品目市場調査、大人用紙おむつは10年で69%増の740億円の見込み

ミミチュア
 富士経済は、トイレタリー用品市場11分野の主要89品目について06年実績、07年見込み、メーカーシェア、新製品動向、今後の方向性などを4~8月にかけて調査した。今回、「キッチン」、「サニタリー」など4分野30品目について、その結果を「トイレタリーグッヅマーケティング要覧2007 No.3」にまとめた。 調査のトピックスとしては、07年のベビー用紙おむつは、10年で14%減の1190億円の見込みとなった。少子化が影響しているものとみられる。これに対し、07年の大人用紙おむつは10年で69%増の740億円の見込みとなった。高齢化が顕著である点が影響しているものと考えられる。また、今回まで3回にわたり調査結果を公表してきたなかで、これまでに注目した主な市場は、シャンプー、合成洗剤、衣料用消臭スプレー、汗拭きシート、室内用消臭・芳香剤、ヘアトリートメント、洗顔料、自動車用芳香・消臭剤、デンタルフロスなど。 10年スパンでみると高齢化や少子化によって、明暗が際立っている。大人用については1997年~07年見込みまでの推移(軽失禁市場は01年から)が今後さらに際立つと予測される(図1)。 ベビー用紙おむつ市場は、すでに普及が上限に達していること、少子化の影響で需要が減少していることから1990年代後半から縮小を続けている。高単価のパンツタイプに注力しても、少子化の進行や、競争が激化し低価格化が進んで歯止めがかからない状況だ。 06年、トップメーカーのユニ・チャームはプレミアムタイプのほか、トレーニング用、おねしょ対策用など複数のブランドを展開し、P&Gジャパンは「パンパース 卒業パンツ」を投入してテコ入れ、花王は「メリーズパンツ」などが好調に推移した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


1台?役!!?★電動スティックミキサー マイティミキサー


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。