高齢者虐待:423件、被害の8割女性 実の息子からが半数--昨年度 /埼玉 介護用品と介護施設

高齢者虐待:423件、被害の8割女性 実の息子からが半数--昨年度 /埼玉のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

高齢者虐待:423件、被害の8割女性 実の息子からが半数--昨年度 /埼玉

座りながら移動も可能!★リムチェア Lタイプ(RIM-100)
 06年度に県内市町村が把握し対応した高齢者への虐待が423件に上ることが分かった。介護職員による2件を除くと、ほとんどは子供や夫など家族からの虐待だった。05年度比で約2・3倍に増えており、06年4月に施行された高齢者虐待防止法が通報を後押ししたとみられる。だが、県は「危険なケースは表に出るが、通報されず把握できない虐待も多い」と推測している。
 虐待の被害者は女性が8割を占めた。虐待したのは実の息子(49・2%)が最も多く、実の娘(16・9%)、夫(16・6%)と続いた。暴力など身体的虐待が272件で、暴言を浴びせる心理的虐待や、介護を放棄する「ネグレクト」を伴うケースもあった。生命の危険があるため保護した事案も13件あった。
 相談や通報をしたのは、ヘルパーや介護保険事務所の職員(38・5%)が最も多く、従来は「他人の家のことを告げ口できない」と通報に及び腰だった近隣住民や、市町村職員からの通報もあった。また、認知症高齢者のグループホーム2施設で、職員による身体的・性的虐待などがあり、自治体から注意と指導を受けている。
 相談・通報を受けた市町村では、高齢者支援に当たる地域包括支援センターなどの職員を家庭訪問させ、解決を図っている。しかし、外部の者が他人の家庭に介入することはもともと難しく、虐待には家族の心の問題も絡むため、解決までに時間がかかることが多いという。70代の女性が孫娘に身体的虐待を受けていたケースでは、職員が何度訪問しても家族が虐待を認めないため、女性の姉妹の協力を得て家族と離れて暮らすよう支援した。
 県は「高齢者虐待対応専門員」の養成や、高齢者と接することの多い団体によるネットワークづくりを推進しており、「虐待を目にしたらぜひ相談してほしい」と呼びかけている。【稲田佳代】

9月25日朝刊
(引用 yahooニュース)


丸ごと洗えてすぐ乾く!★洗えるベッドパッド(ポリ) 85×195cm ブルー


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。