揺れる郵便局員の心情描く 名古屋の市民劇団が来月公演 介護用品と介護施設

揺れる郵便局員の心情描く 名古屋の市民劇団が来月公演のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

揺れる郵便局員の心情描く 名古屋の市民劇団が来月公演

送料無料!8パック(1,200枚)単位でご注文下さい1枚当たり3.2円!ライフリー おしりふき詰替5...
 【愛知県】10月1日に始まる郵政民営化を題材にした演劇「走れ!赤い自転車」が、同5-7日に名古屋市中村区の中村文化小劇場で上演される。同市の市民劇団「希求座」が制作。民営化に揺れ動く郵便局員らの姿を描きながら、働くことの意味や郵便のあり方を問い掛ける大作だ。 

 「民営化されると、どうなるのか」。自分たちの職場は、配達業務は、郵便貯金制度は…。戸惑い、仕事を投げ出そうともする若手郵便局員らにベテラン局員が語り掛ける。「配達するたびに、皆が『ありがとう』『ご苦労さん』と言ってくれるよな」。若手らも顔を上げ、郵便や働く者の権利を守るために闘う決意を新たにしていく-。

 希求座は1991年2月に結成し、現在は会社員や介護福祉士、教員など男女15人で活動。過労死や看護師不足、少年非行といった社会問題をテーマにしたオリジナル作品を手掛け、名古屋を中心に県内外で公演してきた。

 今回が10作目で、民営化のスタートに合わせて初めて公演。2幕・約2時間半の作品で、団員の小熊人史さん(51)が現役の郵便局員らを取材して脚本を書き、1月から中村区のけいこ場で練習を重ねている。

 「郵政民営化はすべての国民に身近な問題。上に言われるがままではなく、国民がしっかりと声を上げていく大切さを見つめ直してほしい」と小熊さん。座長の竹林義高さん(58)は「困難に負けずに生きる勇気や希望を与えられるような舞台にしたい」と話している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


送料無料!4パック単位でご注文下さい1枚当たり143.0円!サルバ 安心フィット Lサイズ10枚入【...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月26日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。