県:高齢者への虐待防止、市町村職員の研修会 /山梨 介護用品と介護施設

県:高齢者への虐待防止、市町村職員の研修会 /山梨のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

県:高齢者への虐待防止、市町村職員の研修会 /山梨

いーぐる⇒ スゴネタ24 カイゴフクシGRAPAC GPJC-02041
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070926-00000107-mailo-l19
 高齢者への虐待防止を目的に、高齢者の相談・支援に当たっている市町村職員を対象にした研修会が25日、甲府市内であった。高齢者虐待防止法施行(06年4月)に伴い、虐待情報が寄せられた場合は市町村が対応することになったため、県が実態を知ってもらおうと実施した。専門家の講演や、参加者同士が虐待があった場合の対応などを話し合う演習もあった。
 県が公表した06年度の調査結果によると、県内では自宅で介護を受け、家族などから虐待を受けた高齢者は96人に上った。県は「高齢者虐待に対する意識は育ち始めたばかり」として、判明した件数は氷山の一角の可能性があるとみている。
 演習では職員が5~9人の計10組のグループに分かれ、これまで担当した事例を互いに紹介。「虐待の明確な基準がないため判断に困る場合がある」「虐待を受けている高齢者が県外に転居した場合の対応は」など、対応が難かしいケースなどについて意見を求めた。参加者は「顔見知りを介して(虐待がある家庭に)話し合いを持ちかける方法がある」「情報を共有し、組織として対応すべきだ」などの“処方せん”を教え合ったりした。
 演習を指導した流石ゆり子・県立大教授(老年看護学)によると、虐待への対応の手順や各関係機関への連絡方法を記した大まかな指針は国や県が定めている。しかし、今後、地域の実態に即した具体的な対応を示すマニュアルづくりが必要という。県は来年度以降も研修会を続けたいとしている...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ 【マルチメディア】 EFRONTIER DX073H111


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。