<社保カード>政府検討会が初会合 12月に基本構想提示 介護用品と介護施設

<社保カード>政府検討会が初会合 12月に基本構想提示のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

<社保カード>政府検討会が初会合 12月に基本構想提示

若いのに腰が痛いなんて、とお思いではありませんか?【送料無料】 牽引式マッサージ機『バック...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000063-mai-pol
 政府の「社会保障カード(仮称)の在り方に関する検討会」(座長・大山永昭東京工大大学院理工学研究科教授)の初会合が27日開かれ、今年12月に基本構想を取りまとめることを確認した。
 社保カード構想は、7月に政府が公表した年金記録漏れ対策に盛り込まれた。11年度をメドに全国民にICチップ付きカードを交付、カードをパソコンの読み取り装置に通すことで、年金記録に加え、診療情報や介護サービスの利用状況なども確認できるようにすることを想定している。
 ただ、年金、医療、介護の記録を同一番号で管理する必要があり、国民に生涯不変の社会保障番号を割り振ることが前提となる。転職を繰り返しても記録が途切れない利点はあるものの、個人情報の流出、費用対効果面などで懸念もある。
 検討会の議論は、閲覧できる情報の範囲、情報保全の手法、社会保障番号は基礎年金番号を流用するのか、住民基本台帳ネットワークの番号を使うのか、などが中心となる見通しだが、27日は委員から「国民にどういう利点があるのか分かりにくい」といった意見も相次いだ。【吉田啓志】

美容と健康に関心のある女性や高齢者の方に!【アミノ酸配合ゼリー】美容と健康に関心のある女...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月28日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。