日本ALS協会:富山県の筋萎縮性側索硬化症患者や家族ら、支部を来月設立 /石川 介護用品と介護施設

日本ALS協会:富山県の筋萎縮性側索硬化症患者や家族ら、支部を来月設立 /石川のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

日本ALS協会:富山県の筋萎縮性側索硬化症患者や家族ら、支部を来月設立 /石川

本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【落札SA0925】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000147-mailo-l17
 ◇互いに支え合い支援の輪を
 全身の筋肉が動かなくなる進行性の難病「筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)」を発症した富山県在住の患者や家族、遺族らが来月、「日本ALS協会富山県支部」を立ち上げる。闘病生活や介護について悩みや葛藤(かっとう)を抱える患者や介護者が互いに支え合いながら、支援の輪を広げることが目的だ。患者で、設立準備会世話人代表の清水忠彦さん(63)=富山市=は「一人では何も解決できない病気。身近に支部ができることで、患者や家族の心の支えになってほしい」と話す。【八田浩輔】
 清水さんは、約7年前に症状が現れ始め、現在は四肢にまひが進行。外出は主に車いすを使う。別の病気と診断されて治療を続けていたが、昨年6月にALSと告知された。「毎朝起きて、ただテレビをながめているだけ。『生けるしかばね』でした。もう私には未来はないと思っていた」と告知直後を振り返る。
 告知から一カ月後、県内にALSの患者や家族らが集まる「ALSの集い」があることを知った。初めて参加した集いで、自らの思いを打ち明け、人目もはばからず泣いた。患者だけでなく、遺族や医療、福祉関係者が月に一度、悩みや苦しみを打ち明ける集いは、清水さんにとって次第に大きな存在になり、闘病への前向きな思いが芽生えた。
 支部は、清水さんの他、集いの中心メンバー3人が世話人を務める。その一人、織田昌代さん(51)=同市=は、5年半前に夫をALSで亡くした...

ニュースの続きを読む


【楽天シニア市場】介護の現場での経験から生まれたハンドグリップ×100


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月29日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。