車の共同利用、京でスタート 10月以降2社参入 環境効果も期待 介護用品と介護施設

車の共同利用、京でスタート 10月以降2社参入 環境効果も期待のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

車の共同利用、京でスタート 10月以降2社参入 環境効果も期待

ベッド用アクションパッド 小
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000043-kyt-l26
 自動車を購入せず、会費を払い使いたい時だけレンタルする「カーシェアリング」サービスが、10月以降に京都市内で相次いで始まる。同サービスは自動車を頻繁に使わない人にとっては駐車場代など維持費がかからない利点が受け、首都圏では利用者が徐々に増加。公共交通機関の利用促進につながり、環境対策としても注目されている。
 京都市内では環境対策も見据え2000-02年にかけ、京都商工会議所などが電気自動車を使いカーシェアリング実験に取り組んだ。ただ、駐車場確保などに費用がかるうえ利用者が伸び悩み、採算性が困難との結果が出ていた。しかし近年、若者を中心に車の所有が減っていることや環境意識の高まりから、首都圏を中心に事業者が増加している。
 この中でオリックス自動車(東京都)は、10月1日から京都市内初となるカーシェアリング事業を開始する。市内の地下鉄やJR駅周辺に12カ所20台配備し、公共交通機関と連携した利用を目指す。入会すればすでに同社がサービス提供している東京や名古屋地域の車両が利用できる点も強みだ。
 また、グループ会社のオリックス不動産と連携しマンションに居住者専用車両を配備する「マンションカーシェアリング事業」が「マンションの付加価値」として首都圏で急成長。これを受け「京都でも需要があればマンションカーシェアリングを展開したい」(同社社長室)としている。
 一方、自動車販売、整備の親和自動車(京都市伏見区、村田和久社長)は、11月1日からカーシェアリング事業に参入する...

ニュースの続きを読む


テンピュール リネンボックスシーツクイーン15cm・20cm兼用


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月29日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。