早寝早起きの青森、寝不足の神奈川、女性に優しい徳島 介護用品と介護施設

早寝早起きの青森、寝不足の神奈川、女性に優しい徳島のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

早寝早起きの青森、寝不足の神奈川、女性に優しい徳島

【野球優勝p2007】【野球優勝p送料無料2007】【送料無料】固定力腰ベルト 正しい姿勢を、やさ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070929-00000937-san-soci
 日本一早寝早起きは青森県民、全国でいちばん家事をする男性は徳島県民-。総務省の「平成18年社会生活基本調査」から、こんな県民性が明らかになった。
 調査は、無作為に選ばれた全国約8万世帯の10歳以上の世帯員約18万人を対象に、昨年10月に実施された。国民の社会生活の実態を調べることを目的に昭和51年から5年ごとに行われている。調査結果によると、都道府県別の平均起床時刻は、青森が一番早く午前6時22分、一番遅いのは東京の午前6時52分だった。就寝時刻も青森が一番早く午後10時32分、逆に一番の“宵っ張り”も東京で午後11時40分。睡眠時間は、秋田と山形が8時間5分と最長。次いで青森が8時間2分、岩手が8時間。東北の県民が寝る時間をたっぷり取ることが分かった。最短が神奈川で7時間31分、次いで千葉が7時間33分、東京と奈良が7時間36分だった。
 男性が家事(買い物や育児、介護、看護も含む)に携わる1日当たりの時間は、徳島が最長の44分、続いて長野の43分、岐阜、山口、高知の42分。最下位は佐賀と香川の33分。次いで青森、石川、京都、大阪の34分となっている。女性の家事の時間は、奈良が最も長く243分、次いで神奈川の234分、埼玉と京都の230分、兵庫の229分となっている。最下位は青森の191分で、次いで秋田、山形、熊本の193分と続く。
 社会学が専門の矢野真和・昭和女子大学人間社会学部教授は「日本人の睡眠時間は先進国の中で一番短い...

ニュースの続きを読む


本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【落札SA0925】


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。