紙加工品卸業者 伊豫商事(岡山市)自己破産、負債380億円 介護用品と介護施設

紙加工品卸業者 伊豫商事(岡山市)自己破産、負債380億円のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

紙加工品卸業者 伊豫商事(岡山市)自己破産、負債380億円

 JOYPET ペットの紙パンツ オモラシ・介護用 L 16枚【0928店舗限定】
平成19年9月14日情報会および9月19日付広島支社特別情報にて納税証明書偽造容疑による役員らの逮捕を既報した当社は、9月26日に岡山地裁へ破産手続開始を申し立てた。申立代理人は佐々木齊弁護士(岡山市天神町6-47ヒルトップ天神ビル2階 佐々木齊法律事務所、TEL 086-221-5966)、平松掟弁護士(岡山市富田町2-6-9 平松掟法律事務所、TEL 086-232-6622)、石井克典弁護士(岡山市南方1-6-5 司法ビル5階 石井克典法律事務所、TEL086-235-1410)の3名。負債総額は380億円内外が見込まれる。昭和30年4月 先代・故大島敏雄氏が大島商事として創業、岡山県、兵庫県経済連と殺虫剤を中心とした取引を開始したのが源泉で、その後、全農指定の紙製品及び看護・介護用品も取り扱いをスタート、平成17年2月からミネラルウォーターの販売にも着手するなど、着実に事業を拡大してきた。そのような中、高額の税金を納めているように装い、業績が順調なように見せかけるため、当社および関連会社の大喜(株)が、パソコンで作成した納税証明書に偽の税務署長の印鑑を押し、法人税の納税証明書を偽造。金融機関から巨額の融資を引き出そうとしたとして9月12日、岡山地検が当社及び関連会社、役員自宅の一斉捜索して証拠書類を押収。当社代表者他5名が逮捕されたことから事業がストップ。実質的には債務超過の状態で、今回の事件により取引先からの取引停止通告もあったことから、事業継続が困難となったため、9月19日付で従業員を解雇し、今回の措置を選択した模様...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


☆ 超売れすぎ 激安特価 送料無料 ☆LT-F1023UM3 介護ベッド【大川家具】【送料無料】【一番...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。