【ベトナム・インドシナ】ラオス投資セミナー、バンコクで開催 介護用品と介護施設

【ベトナム・インドシナ】ラオス投資セミナー、バンコクで開催のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

【ベトナム・インドシナ】ラオス投資セミナー、バンコクで開催

【送料無料】【一番安い】【売れてます】LT-F1023UM3 介護ベッド【一番安い】【SA071009】【落...
 タイ・バンコクで「ラオス投資セミナー」が9月28日に開催され、日系企業や日本・ラオスの政府関係者150人余りが参加した。人件費がタイの6分の1程度で、分工場としての補完機能や農業の潜在力で注目を浴びるラオスの現状について報告がなされた。

 セミナーは、国際機関・日本アセアンセンターや日本貿易振興機構(ジェトロ)などが主催した。
 
 ラオス投資計画委員会のスリボン・ダラボン委員長は基調講演で、「第2メコン国際橋など日本の政府開発援助(ODA)はラオス人の心に残っている。今後はODAだけでなく、投資を呼び込むワンストップサービスの早期実現や、日本ラオス投資協定の年内締結を目指す」と語った。また、ナム・ビニャケート商工相は「ラオスの輸出産品は鉱物資源や農産物などが中心。ベトナムのように付加価値の高い輸出をしたい」と述べた。
 
 ■欠点をチャンスに
 
 内陸国ラオスは物流コストが高く、インフラが未整備、産業や資金集積が欠如し、教育環境も悪いのが実情だ。こうした現状について、国際協力機構(JICA)専門家でラオス計画投資委員会政策顧問の鈴木基義(もとよし)氏は、「デメリットをチャンスとして生かせる事業がある。ラオスだけ見てはいけない。インドシナ全体を面としてみる中で、タイやベトナムを補完するラオスの役割がある。インドシナの工業生産が今後、陸路輸送の整備で適地生産・分散立地になる時、ラオスは選択肢の一つになる」と語った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


[送料無料]しあわせを運ぶふくろうが、やわらかくやさしく体を支えますアウル30


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。