B型肝炎の父子感染拡大 対策は? 介護用品と介護施設

B型肝炎の父子感染拡大 対策は?のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

B型肝炎の父子感染拡大 対策は?

☆ 超売れすぎ 激安特価 送料無料 ☆LT-F1023UM3 介護ベッド【大川家具】【送料無料】【一番...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071001-00000003-tsuka-soci
読売新聞は26日、「B型肝炎の父子感染拡大、育児参加で「触れ合い増」原因?」との見出しで、乳幼児期のB型肝炎ウイルスの母子感染が減少する一方で、父子感染の割合が高まっていると報じた。

報道によると、血液や体液、唾液を通じて感染するB型肝炎は、ウイルスを持つ持続感染者(キャリア)が国内で100万人以上いるが、母親は妊娠した際にB型肝炎の検査を受けるため、母親がキャリアであることがわかった場合には、1986年以降、生後すぐに子供にワクチン接種をすることにより母子感染は10分の1以下に減少した。

しかし、父親は子供ができた際に調べないため感染がわからないため、父親がキャリアだった場合には「生後のキスや食物の口移し、同じスプーンを使うことなどで感染が起きているのではないか」と見られているというのだ。外国ではすべての子供にワクチンを接種している国もあり、読売新聞の報道においても、乳児期のワクチン接種を対策のひとつとして例示している。

以下は、医療の専門家ではない筆者が、ひとりの父親として、父子感染を避けるために必要だと考えたことを書きたい。

まず、外国における実績や国内でも母子感染防止のための行われている実績があるとはいえ、副作用が全くないとは言い切れないこと、父親になる20~40歳代のB型肝炎ウイルスのキャリアである割合は0.6%とされていること、接種を受ける乳幼児への負担などを考慮すると、一律に乳幼児へのワクチン接種を行うことには、抵抗を感じる...

ニュースの続きを読む


介護福祉士通信講座(受験対策)


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。