【フィリピン】看護師消費に貢献、人材確保小学生から 介護用品と介護施設

【フィリピン】看護師消費に貢献、人材確保小学生からのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

【フィリピン】看護師消費に貢献、人材確保小学生から

【送料無料・税込】アジアンリラックス籐シングルチェア C1801BK 【野球優勝p送料無料2007】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000008-nna-int
 フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の中で、最大の消費者は看護師と船員――。免税店を運営するデューティー・フリー・フィリピン(DFP)が明らかにした。一方、海外の需要の高まりを受け、小学生までさかのぼって看護師を目指すよう呼び掛ける取り組みがフィリピン国内ではじまっている。

 デューティー・フリー・フィリピンのマーケティング担当、ルイ・フェレル氏によると、看護師と船員は海外から帰国した際、1回の買い物で約5,000米ドルを消費するという。この額はほかの職種の出稼ぎ者を大きく上回る。一方、観光帰りのフィリピン人の場合、平均300米ドル、最高でも約4,500米ドルとされる。
 
 同氏は「海外出稼ぎ者は親族などへの土産を買うのに、いくら使うかなど気にしない」と述べている。
 
 同社にとって顧客の大半を占めるのは、米国、カナダ、豪州、日本、中東、欧州から帰国した海外出稼ぎ者。このため同社は現在、彼らが海外で苦労して手にしてきたお金で、より多くの買い物を楽しんでもらうことを狙いとし、とりわけ船員、看護師、エンターテイナーなどを対象にした、割引制度の導入準備を進めている。フェレル氏は、クリスマスを家族と過ごすために11月ごろから帰国を始める海外出稼ぎ者の動向に合わせて導入予定であることを示唆している。
 
 ■小学生に「看護師目指せ」
 
 労働雇用省傘下のフィリピン海外雇用局(POEA)は小学生に向けて、看護師を目指すよう呼び掛けている...

ニュースの続きを読む


無線カラーマイク内蔵 ピンホールカメラ&受信機セット


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月02日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。