男の育休 目指せ「最初の1人」 有給化や習慣作り 各企業、独自の支援策 介護用品と介護施設

男の育休 目指せ「最初の1人」 有給化や習慣作り 各企業、独自の支援策のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

男の育休 目指せ「最初の1人」 有給化や習慣作り 各企業、独自の支援策

介護福祉士通信講座(受験対策)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000078-san-soci
 「男だって機会があれば育休を取りたい」。こんな本音があるのに、周囲や上司への気兼ねもあってなかなか進まないのが男の育児休業。厚生労働省によると取得率は女性88・5%に対し、男性0・57%。まずは短期でも「最初の一人」を目標に、育休の有給化など企業が独自の育児支援に乗り出している。(中曽根聖子)

 ライオンの研究開発本部に勤務する深澤哲さん(38)は9月、長女の誕生で2週間の育休を取得したばかり。同社は男性の育児参加を推進しようと昨年4月、育休の最初の2週間を有給とし、配偶者が専業主婦でも取得できるよう制度を見直した。

 制度はあっても形ばかりでは? 深澤さんは半信半疑で上司に申し出ると「頑張ってこいよ」と激励され、驚いたという。洗濯やおむつ交換など授乳以外は全部やったという休暇中、仕事のメールや電話は一切なく、職場の手厚いサポートを実感した。

 「3歳になる長女の子育ては妻に任せ放しだった」と話す同本部の西川貴史さん(37)も長男誕生を機に初めて利用。「娘を音楽教室に送迎したり、お風呂に入れたり。初めてじっくり向き合うことができた」と振り返る。

 制度導入と社内報での周知・啓発活動で、これまでゼロだった取得者は4人に増加した。

                  ◆◇◆

 ライオンが男性社員を対象にしたアンケートで4人に1人が「育休を取りたい」と希望するなど潜在的ニーズはあるのに、なぜか実際の取得率は1%に満たない...

ニュースの続きを読む


本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【野球優勝p2007】


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月02日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。