裁判員制度:理解を 地裁で模擬裁判、選任手続き初実施 /山梨 介護用品と介護施設

裁判員制度:理解を 地裁で模擬裁判、選任手続き初実施 /山梨のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

裁判員制度:理解を 地裁で模擬裁判、選任手続き初実施 /山梨

鬼の顔して、料理の味方!マーナ(MARNA) グッチ裕三。 うまいぞぉシリーズ 鬼のオニおろし...
 国民が刑事裁判に参加する裁判員制度の09年5月までの導入を前に、甲府地裁で1日、模擬裁判が始まった。今回が5回目だが、裁判員6人を決めるため、裁判員候補者となった県民に質問や抽選を行う裁判員選任手続きを初めて実施。候補者からは「選任手続きを事前に行ってほしい」などの意見が出ていた。
 模擬裁判は、交際相手を刺し殺したとして殺人容疑で逮捕された被告の女が殺意を否認している事件で、3日まで実施。1日は候補者を選任後、冒頭陳述などを行った。2~3日は被告人質問などを行った後、判決を言い渡す。
 同地裁が県内企業などの協力を得て、246人分の裁判員候補者名簿を作成し、抽選で選ばれた50人の裁判員候補者に呼出状と質問状を送付。「要介護の親族と同居」「国体に出場」などを理由に辞退を認められた候補者を除く13人が、裁判官から質問を受ける「質問手続き」に臨んだ。
 質問手続きでは、裁判官が「今回の事件について公平な判断をできない特別な事情はありませんか」などと質問。「有給休暇を取るしかないので、他に冠婚葬祭があった時に休めなくなる」と話す辞退希望者や「子どもがいて、保育園が午後6時までしかやっていない」と解散時間について尋ねる候補者もいた。
 弁護士と検事が各1人ずつ不選任請求を行い、残った11人の中から抽選で裁判員6人を決定。裁判員に選ばれなかった甲斐市竜地、学習塾経営、杉浦秀人さん(56)は「やりたかったが、仕事に戻れるのでほっとしている」と話し、笛吹市石和町四日市場、会社員、藤田悟さん(26)は「営業先に3日間、電話ができなくなると伝えてしまった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


新ネックピローバイブ


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月03日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。