裁判員制度:地裁で模擬選任、辞退可は7人中2人 手続き過程を公開 /愛知 介護用品と介護施設

裁判員制度:地裁で模擬選任、辞退可は7人中2人 手続き過程を公開 /愛知のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

裁判員制度:地裁で模擬選任、辞退可は7人中2人 手続き過程を公開 /愛知

ノンヨコモレ婦人用ショーツ3色組
 09年に裁判員制度が始まるのを控え、名古屋地裁で3日、裁判員の候補者から裁判員を選ぶ模擬の「選任手続き」が行われた。記者がさまざまな職業の裁判員候補者役に扮(ふん)して「裁判員を辞退したい理由」を訴え、裁判長が辞退の可否を判断する過程が公開された。【石原聖】
 裁判員制度では、裁判の6週間前に裁判員の候補者に選ばれたとの通知と一緒に質問票が送付される。裁判員の辞退は原則できないが、この日は「候補者」7人の新聞・テレビ記者が質問票に「忙しい」などと辞退理由を記載したことから、選任手続きで裁判長が詳細な事情を尋ねるという設定で行われた。
 「特売日を控えて忙しい八百屋の店主」は「赤字でアルバイトを雇えない」と切り出し、「あなたが店頭に立たないとダメなんですか」と裁判長から尋ねられると「商店街の行事で他の店主に顔向けできない」と訴えた。「ノルマ達成に追われる会社員」は「ノルマを達成すれば査定や昇進が見込める」と強調。「アポは入っているんですか」との質問には「販売は顔つなぎが大事だから」とすがった。
 また、「裁判員は公的な仕事とは分かっているが、自分が抜けると仲間の信頼を失う」(試合を控えたママさんバレーのエース役)▽「スクープネタに進展がありそう。取材先との個人の関係の深さが情報収集の決め手で、代わりが利かない」(新聞記者役)▽「檀家(だんか)に突然の不幸があったら裁判員が途中でできなくなる」(僧侶)――などと訴えた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


出る順社労士必修基本書 2008年版(2008年版)


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。