「秋田わか杉大会」へ選手団が結団式 神戸市 介護用品と介護施設

「秋田わか杉大会」へ選手団が結団式 神戸市のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「秋田わか杉大会」へ選手団が結団式 神戸市

実録 介護のオシゴト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000049-san-l28
 13日に開幕する第7回全国障害者スポーツ大会「秋田わか杉大会」に派遣する県選手団(160人)の結団式が4日、神戸市中央区の県民会館で行われた。

 選手団(桂廣保団長)は選手107人、役員8人、監督・コーチ・介護人45人で構成。結団式で井戸敏三知事は「兵庫の選手として悔いのない戦いをし、全力を尽くした満足感をもって帰ってきてほしい」と激励し、県旗を桂団長に託した。

 選手は、肢体障害21人▽視覚障害5人▽聴覚障害12人▽知的障害69人-で、陸上、水泳、卓球、フライングディスク、アーチェリー、ボウリングの個人競技6種目に出場するほか、団体競技ではバレー(聴覚男子)、同(知的男子)、同(知的女子)の3種目に出場。

 選手を代表し、陸上競技に出場する県立播磨特別支援学校の北浦春香さんは「日ごろの成果を十分に発揮し、堂々と競技してまいります」と決意の言葉を述べた。

 昨年秋に県で開催された「のじぎく兵庫大会」では地元開催とあって選手・役員含めて421人に上り、個人競技では金メダル65個、銀45個、銅53個と、過去最高の成績を収めた。

腰痛でお悩みのあなたへ朗報です。【送料無料】 バックライフ【牽引式マッサージ機】


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。