シスコ、高速無線LANソリューションを発表――11n対応の無線LANアクセスポイント発売 介護用品と介護施設

シスコ、高速無線LANソリューションを発表――11n対応の無線LANアクセスポイント発売のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

シスコ、高速無線LANソリューションを発表――11n対応の無線LANアクセスポイント発売

腰痛でお悩みのあなたへ朗報です。【送料無料】 バックライフ【牽引式マッサージ機】【週末限定】
 シスコシステムズは10月4日、企業向け製品としては初めて、無線LANの高速化規格「IEEE 802.11n ドラフト2.0」のWi-Fi認定を獲得したアクセスポイント製品「Cisco Aironet 1250」を発表した。

 Aironet 1250は、従来の無線LANに比べて最高で5倍のスループットを実現するIEEE 802.11nに対応したアクセスポイント(AP)製品。本体は、MIMO(Multiple Input Multiple Output)技術に対応した2.4GHz帯および5GHz帯の2つの周波数モジュールで構成され、片方のモジュールだけの運用や両モジュールを用いた運用も可能だ。

 アップリンクは10/100/1000Mbpsイーサネットを利用でき、PoE(Power over Ethernet)にも対応する。同製品自体で無線LANを制御するスタンドアロンでの運用と、無線LANコントローラ機器と組み合わせた運用も行えるという。本体のメモリは、従来比で2倍(DRAMは64Mバイト、フラッシュメモリ32Mバイト)に増強され、将来のソフトウェアアップデートによる機能強化が行える。同社では、IEEE 802.11nが正式に標準化された場合にソフトウェアのアップグレードで対応するという。

 同社では、無線LANチップの供給を受けるIntelと共同で11n対応機器との相互接続試験を今年6月から進めている。また、Aironet 1250はWiFiアライアンスによる相互接続試験のベンチマーク機器としても利用されているという。

 Aironet 1250の発売に合わせて、同社ではイーサネットスイッチ製品「Catalyst」シリーズの強化を予定...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


コモライフ パイル地防水ボックスシーツ/シングル用


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。