75歳以上医療保険制度、社保審が診療報酬の骨子 介護用品と介護施設

75歳以上医療保険制度、社保審が診療報酬の骨子のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

75歳以上医療保険制度、社保審が診療報酬の骨子

腰痛でお悩みのあなたへ朗報です。【送料無料】 バックライフ【牽引式マッサージ機】
 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の特別部会は4日、来年度から始まる75歳以上の後期高齢者を対象とした医療保険制度の診療報酬で、評価すべき点を盛り込んだ骨子をまとめた。

 在宅医療を支える主治医が介護・福祉関係者と情報を共有した場合や、本人の希望に応じた終末期医療を提供したケースの報酬などを手厚くする。

 長期間の入院生活を送ることが多い高齢者が、家族や地域で療養することができる在宅医療に軸足を移すよう促す内容で、今月にも中央社会保険医療協議会で具体的な診療報酬の策定に入る。

 骨子によると、後期高齢者は、治療が長期化し、複数の病気にかかっていることが多く、認知症を抱えているケースも少なくないと指摘。利用する介護サービスも含め、生活や家庭状況を考慮する医療が必要とした。これらを踏まえ、骨子では、外来、入院、在宅、終末期医療の四つに分けて、それぞれの医療機関に支払う診療報酬で重視すべき事項を示した。
(引用 yahooニュース)


介護士のための介護福祉雑誌【年間購読】ホームヘルプ


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。