地域医療は今:離島から/6 地域連携室 /島根 介護用品と介護施設

地域医療は今:離島から/6 地域連携室 /島根のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

地域医療は今:離島から/6 地域連携室 /島根

☆ 超売れすぎ 激安特価 送料無料 ☆LT-F1023UM3 介護ベッド【大川家具】【送料無料】【一番...
 ◇思い吸い上げサポート
 「がんの悩みや情報を気軽に語れる場が隠岐にあれば…」。隠岐の島町北方の永海郁子さん(74)の長年の願いが、いまようやくかないつつある。永海さんら患者の声を受け、隠岐病院内にがんサロンができることになったのだ。6日には設立準備のため、病院に患者同士が集まる顔合わせ会がある。おそらく全国でも離島初となるがんサロンが、ようやく動き出しつつある。
 がんサロンは患者同士が悩みや情報交換を語る場として、05年12月、県内に初めて開設された。現在、地域や地域がん診療連携拠点病院など13カ所に開設されている。しかし、がんになれば本土で手術を受けることが多かった隠岐の住民にとって島でがんを語る場はこれまでなかった。
 永海さんは03年に大腸がんが見つかり、松江赤十字病院で手術を受けた。2週間の入院後に隠岐に戻り、隠岐病院で治療を継続。だが不安からか、毎晩痛みや熱が永海さんを襲った。「がんで悩んでいるのは私だけじゃないはず」。自身の名前や病状を明かし、「同じ患者同士で話をしませんか」と呼びかける手紙を、地元新聞の読者欄へ投稿した。
 島民から返答はなかった。だが記事を見た出雲市や益田市など4人の患者から手紙が来た。「お互いがんばりましょう」。この励ましが永海さんを支えた。
 島でのがんサロンの必要性を確信したのは、昨年7月。検査のために松江赤十字病院へ入院した際、同病院のがんサロンに参加したことがきっかけだった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【野球優勝p2007】【野球優勝pセール2007】【野球優...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。