奈良市:高齢者優遇制度、「映画」に見直し意見 市検討委「娯楽性が強い」 /奈良 介護用品と介護施設

奈良市:高齢者優遇制度、「映画」に見直し意見 市検討委「娯楽性が強い」 /奈良のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

奈良市:高齢者優遇制度、「映画」に見直し意見 市検討委「娯楽性が強い」 /奈良

空気清浄活性機「サリール」KO-108D
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071006-00000321-mailo-l29
 ◇高齢者に年20回無料入館
 高齢者優遇制度のあり方を考える奈良市の「老春手帳優遇制度検討委員会」の第3回会合が5日、市役所で開かれた。委員からは「娯楽性の強い映画の優待を続けるよりも、交通機関や介護予防など生活に必要な施策に集中すべきではないか」など、映画優遇の見直しに向けた意見が出た。
 現行制度では、70歳以上の高齢者(9月1日現在で5万3727人)を対象に、年間2000円負担で市内のバスに無料乗車、公衆浴場の無料入浴(1月15回まで)、映画館の無料入館(年間20回まで)などの優遇策を設けている。今年度の予算は総額約9億円。
 映画は娯楽性の高さが指摘され、「年間約6200万円の経費がかかっている。その経費を生活困窮者のために回すべきだ」などの意見が相次いだ。入浴は市内の公衆浴場の配置が旧市街地にかたよっているため、「利用者が限られているのではないか」と指摘があった。
 また、市民に優遇制度のあり方を問うアンケート項目も決定。20歳以上70歳未満と、70歳以上に分けてそれぞれ無作為で1000人ずつ回答を求める。アンケートは今月末に集計、来月の委員会で報告する。【高橋恵子】

10月6日朝刊

【愛情らくらく肌着】【着替えらくらく肌着(介護ウェア)】【やわらかスムース】ワンタッチ3分...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。