介護を変える“孫力”…「しがらみ少なく冷静になれる」 介護用品と介護施設

介護を変える“孫力”…「しがらみ少なく冷静になれる」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

介護を変える“孫力”…「しがらみ少なく冷静になれる」

『スリーピングミット SS4118 ライトグリーン L』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071008-00000919-san-soci
 社会の高齢化が進むなか、親に代わって、祖父母の介護に関心を持つ孫世代がいる。「嫁しゅうとめのような感情的なしこりがない」「親よりも祖父母の“老い”を冷静に受け止められる」と彼らはいう。孫の活躍で、家族介護のあり方が変わる可能性はあるのだろうか。(村島有紀)

                   ◇ 

 介護サービス事業者「東電パートナーズ」(東京都中央区)で働く介護福祉士、福住尚将さん(29)が、介護の仕事に本格的に興味を持ったのは大学生のころ。同居していた祖母が軽い認知症になったのがきっかけだった。おしゃれでいつもシャンとしていた祖母が、80歳を過ぎて自分のことを父の名である「テルオ、テルオ」と呼び始め、夜中に起き出しては「スマップがくるから」と5人分のショウガ焼きを作っていた。

 祖母の状態を受け入れられず、オロオロする両親を横目に、養護学校の教師になりたくて福祉を学んでいた福住さんは、真剣に介護の勉強に取り組み、認知症の進行を遅らせるための療法を祖母に試すなど、積極的にかかわった。

 「自分が小さい時に、おいしいそうめんを作ってくれたり、デパートに連れて行ってくれたりした祖母が認知症になり悲しかった。でも父親は、僕以上に祖母の状態を受容できない。孫である自分の方が冷静に判断できたし、家族の役に立てたと思う」と振り返る。

                   ◇

 平成16年に芥川賞を受賞したモブ・ノリオの小説『介護入門』は、29歳で無職、自称「音楽家」の男性が、母親と一緒に寝たきりの祖母を自宅で介護するという小説...

ニュースの続きを読む


『ワンタッチ肌着 前開き8分袖 脇穴付 婦人 M』


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。