麻コレ:素人モデル“粋”競う 町長や園児、町内から30人--愛荘 /滋賀 介護用品と介護施設

麻コレ:素人モデル“粋”競う 町長や園児、町内から30人--愛荘 /滋賀のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

麻コレ:素人モデル“粋”競う 町長や園児、町内から30人--愛荘 /滋賀

nukui 着圧ソックス ブラックフットマーク下半身の冷えを追放!サポート機能でホッソリ。暖め...
 ◇13日「麻コレ08―仕事着」
 高級布の「麻」を現代のいろんな仕事着に仕上げたファッションショー「麻コレ2008―仕事着」が13日、愛荘町立歴史文化博物館庭園舞台(同町松尾寺)で開かれる。同町長や町内の湖東三山の一つの金剛輪寺住職らのほか、陶芸家、保育園児や保母らがモデルになり、楽しい雰囲気のショーになりそう。【松井圀夫】
 中近世に犬上、愛知両郡で生産された麻布の「高宮布(たかみやふ)」などをテーマにした秋季展「近世日本四大麻布―越後縮(ちりめん)、奈良晒(さらし)、薩摩上布(じょうふ)、高宮布」が13日~12月2日、同館で開かれるのに合わせたイベント。同館が江戸期に高宮布が仕事着に使われたことに着目し、麻と仕事着をテーマに企画した。
 モデルは、ほとんど町内で募集したが、まず村西俊雄町長が手を挙げた。金剛輪寺の濱中光礼住職や、伝承工芸「愛知川びん細工手まり保存会」の辻みよ子会長のほか、陶芸家、酒造業者、菓子店主、介護士、会社員、保育園児らさまざまな職業の約30人(5~80歳代)の出演が決まった。
 それぞれの年代や職業に合わせ、麻布で出来た作業着、ジャケット、芸術家風や前掛け風の衣装などの既製品を探し、一部は特注で仕立てた。
 このほど同舞台でリハーサルが行われ、参加者は「本番を見て下さい」と大張り切りだった。
 当日は午後1時半からの「子ども能楽教室」に続き、午後2時15~40分にファッションショーがある...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


[DVDソフト] おとなの夏休み Vol.2


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月11日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。