ソニーフィナンシャル時価総額は9026億円、M&Aも排除せず 介護用品と介護施設

ソニーフィナンシャル時価総額は9026億円、M&Aも排除せずのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ソニーフィナンシャル時価総額は9026億円、M&Aも排除せず

DX074H111家族や仲間との趣味娯楽を楽しく過ごすシルバーライフの1000点を収録した写真素材集。...
 [東京 11日 ロイター] 新規株式公開(IPO)したソニーフィナンシャルホールディングス(SFH)<8729.T>の徳中暉久社長は11日の会見で、今後の成長のために企業の合併買収(M&A)も排除しない考えを示した。徳中社長は「M&Aは考えていないわけではない。いつも成長の過程で考えている」と述べた。
 ただ、SFH傘下の生保、損保、銀行とも強い企業文化のある会社と指摘し、M&Aを行う際は「企業文化へのインパクトに配慮しつつ考えたい」と語った。
 SFHは、生命保険、損害保険、銀行を手掛けるソニー<6758.T>の金融子会社。上場初日の株価終値は公開価格の40万円を上回る41万5000円だった。これにより、11日時点のSFHの時価総額は9026億円となった。他の上場保険会社と比較すると、SFHの時価総額はT&Dホールディングス<8795.T>の約半分、業界最大のミレアホールディングス<8766.T>の約4分の1となる。
 徳中社長はきょうの株価が公開価格を上回り「ホッとしているのが正直なところ」とコメントした。
 きょうのIPOによる市場からの吸収金額は約3500億円で、2006年11月のあおぞら銀行(調達額約3800億円)以来の大型案件となった。
 2007年のIPO市場をめぐっては、新規上場の引き受け審査基準厳格化などの影響や新興市場の低迷などで目立った案件に乏しく、ユー・エス・ジェイ<2142.T>(約311億円)、野村不動産レジデンシャル投資法人<3240.T>(約304億円)などが今年最大級の案件だった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【バーゲン1009】


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月11日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。