社保庁装い“振り込め” 長崎県警 通帳詐取容疑の少年逮捕 介護用品と介護施設

社保庁装い“振り込め” 長崎県警 通帳詐取容疑の少年逮捕のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

社保庁装い“振り込め” 長崎県警 通帳詐取容疑の少年逮捕

エコ菜園キット もくもく菜園(小)【送料無料】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000006-nnp-l42
 長崎県警捜査二課と長崎署は11日、社会保険庁職員を装った振り込め詐欺事件に絡んで預金通帳を銀行からだまし取ったとして、詐欺の疑いで、川崎市の会社員少年(19)を逮捕した。社保庁職員をかたった振り込め詐欺では、長崎市だけで約750万円の被害が確認されており、全容解明を進める。

 調べでは、少年は4月25日、第三者に売却することを隠して、川崎市内の銀行支店で普通預金口座を開き、通帳とキャッシュカードをだまし取った疑い。「知り合いに頼まれ、通帳とカードは数万円で売った」と供述しているという。

 5月下旬、長崎市内の70代女性が、社保庁職員を名乗る男から「介護費として年金が加算支給される。自動預払機(ATM)で手続きができる」と電話を受け、この口座に約100万円を振り込んでだまし取られ、犯行が発覚した。女性は別の口座にも100万円を振り込んだという。

 県警によると、長崎市内の別の24‐81歳の男女7人が4、5月に同様の手口で計550万円をだまし取られているという。

=2007/10/12付 西日本新聞朝刊=

[DVDソフト] いつか読書する日


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。