素朴で快適、麻衣装いかが 町民出演、愛荘でファッションショー 介護用品と介護施設

素朴で快適、麻衣装いかが 町民出演、愛荘でファッションショーのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

素朴で快適、麻衣装いかが 町民出演、愛荘でファッションショー

鬼の顔して、料理の味方!マーナ(MARNA) グッチ裕三。 うまいぞぉシリーズ 鬼のオニおろし...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071014-00000005-kyt-l25
 江戸時代に良質の麻織物「高宮布」の産地で知られた滋賀県愛荘町の町立歴史文化博物館で13日、ファッションショー「麻コレ2008-仕事着」が催された。モデル出演した町民ら約30人が素朴な風合いの麻の衣装に身を包み、大勢の観客に笑顔を振りまいた。
 博物館で同日、「高宮布」をテーマにした展示会「近世日本四大麻布」が開幕したのに合わせ、麻の魅力を広く知ってもらおうと企画した。県麻織物工業協同組合などが衣装を提供した。
 ショーには、村西俊雄町長をはじめ、陶芸家や介護士など多業種の町民らが出演。同館の庭園舞台に1人ずつ登場し、軽やかな足取りで麻の着物やエプロン、スーツなどをアピールした。手を振ったり、腰に手を添えてポーズを決める出演者もおり、大きな拍手を浴びた。
 出演した同町の蔵元「藤居本家」の7代目藤居鐵也さん(59)は「着心地がよかった。普段の暮らしに取り入れてみたい」と話していた。

無線カラーマイク内蔵 ピンホールカメラ&受信機セット


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月14日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。