発信!!円頓寺:トーク・下町の魅力 潜在力の活用を「ビジョン描く必要」 /愛知 介護用品と介護施設

発信!!円頓寺:トーク・下町の魅力 潜在力の活用を「ビジョン描く必要」 /愛知のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

発信!!円頓寺:トーク・下町の魅力 潜在力の活用を「ビジョン描く必要」 /愛知

フットマークフィールアライナ美骨タイツダイエットロング レディース日常からの正しい姿勢は...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000020-mailo-l23
 往時のにぎわいを取り戻すにはどうすれば――。こうしたテーマを掲げ、毎日新聞の「円頓寺移動支局」の最終日イベントとして28日、開かれた「円頓寺トーク 下町の魅力」では、商店街の人やまちづくりの専門家らが、本紙愛知県版で連載した「発信!円頓寺」で取り上げた「お寺を改装したカフェ」「空き地を活用したグループホーム」などを題材に、円頓寺界隈(かいわい)の抱える課題や今後の商店街のあり方などを活発に話し合った。その後、バンド演奏なども披露され、3日間にわたる移動支局に幕を下ろした。【木村文彦】
 移動支局前に設置されたステージにはトーク開始前、約50人が集まった。パネリストは▽名古屋工業大学大学院工学研究科の秀島栄三准教授▽下町情報誌「ポゥ」を発行する高木麻里(ポゥでは久路里まり)さん▽毎日新聞なごや支局の樋岡徹也記者。進行は、都市計画コンサルタント会社「アルカダッシュ」の藤澤徹社長が務めた。
 円頓寺取材を続けてきた樋岡記者は「子供を狙った事件が多い中、商店街の人たちが登下校時の児童に声をかけ、最後の1人が自宅に着くまで見守るというきめ細かな活動に驚いた」と報告。秀島さんは「子供を守ったり、(認知症の高齢者が介護スタッフと共同生活する)グループホームがあるような中心市街地の商店街は意外に少ない。円頓寺には長く住める仕組みができている」。高木さんも「安心して暮らせ、温かみのある商店街です」と力を込めた...

ニュースの続きを読む


【ピジョンタヒラ】安定感のある手すり付きの 木製すのこタイプ入浴台 (青森ヒバ)  手す...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月31日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。