【鈴香被告法廷ライブ(13)】交通事故のニュース知り、「この中に彩香がいれば…」 介護用品と介護施設

【鈴香被告法廷ライブ(13)】交通事故のニュース知り、「この中に彩香がいれば…」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

【鈴香被告法廷ライブ(13)】交通事故のニュース知り、「この中に彩香がいれば…」

免疫力の維持を助ける抗酸化成分を配合!サイエンスダイエット ヘアボール コントロール シ...
 秋田連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、畠山鈴香被告(34)の第5回公判が29日午前10時、秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で開廷し、鈴香被告に対する被告人質問が行われた。

 弁護側「17年、彩香ちゃんが3年生になった後、生活状況に変化はあったのか」
 鈴香被告「特にない」
 弁護側「彩香ちゃんへの接し方に変化は」
 鈴香被告「特に変わっていない」
 弁護側「職探しは続けたのか」
 鈴香被告「はい」
 弁護側「どこで」
 鈴香被告「職安や地元の新聞で」
 弁護側「学校行事やレクリエーションは出ていたのか」
 鈴香被告「3年生の春、授業参観に1回いった。レクリエーションは秋田市の『ザブーン』に初めていった」
 弁護側「3年の担任で証人に立った先生と、連絡帳以外に連絡は取り合ったのか」
 鈴香被告「電話でやりとりした」
 弁護側「どちらから」
 鈴香被告「私から」
 弁護側「用事は」
 鈴香被告「お小遣いのことや、他の子供の就寝時間のことなど」
 弁護側「頻度は」
 鈴香被告「月1回くらい」
 弁護側「答えてくれたか」
 鈴香被告「はい」
 弁護側「先生はあなたが彩香ちゃんを時々を迎えに来なかったといってるが」
 鈴香被告「体調が悪くて迎えにいけないときもあった。父親が倒れたときも」
 弁護側「17年9月に、父親が脳梗塞(こうそく)で倒れて介護してた」
 鈴香被告「はい」
 弁護側「辛かったか」
 鈴香被告「思っていた以上に辛かった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


高齢犬の心臓や腎臓の健康に配慮したフードです!サイエンスダイエット シニア 高齢犬用 15kg


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月31日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。