【鈴香被告法廷ライブ(15)】「抱きしめてあげられなかった」 介護用品と介護施設

【鈴香被告法廷ライブ(15)】「抱きしめてあげられなかった」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

【鈴香被告法廷ライブ(15)】「抱きしめてあげられなかった」

冬季限定商品:「季節限定品」あったかひざ掛け:ふんわり肌ざわり
 秋田連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、畠山鈴香被告(34)の第5回公判が29日午前10時、秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で開廷し、鈴香被告に対する被告人質問が行われた。

 弁護側「あなたなりに、子育ては、できることはしていたと考えているのか?」
 鈴香被告「はい」
 弁護側「ネグレクトという言葉を知っているか?」
 鈴香被告「はい」
 弁護側「どういう意味か?」
 鈴香被告「放置する虐待」
 弁護側「した意識はあるか?」
 鈴香被告「いいえ」
 弁護側「先ほど話したように、スキンシップには問題があると自覚していた?」
 鈴香被告「はい」
 弁護側「彩香ちゃんが小学3年になってから顕著な変化はあったか?」
 鈴香被告「特にない」
 弁護側「通院していた医者からアドバイスは?」
 鈴香被告「特にない」
 弁護側「ある人から『抱きしめてあげれば』とメールをもらっていたようだが?」
 鈴香被告「応えられなかった」
 弁護側「どう思った?」
 鈴香被告「抱きしめることができたら悩まない」
 弁護側「18年の正月休みには、父と金銭面のトラブルがあった。あなたが金を取ったと疑われたようだが実際取ったのか?」
 鈴香被告「いいえ」
 弁護側「どう思った?」
 鈴香被告「精いっぱい介護してきたのに情けない。昔のイメージでしか見てもらえないと思った」
 弁護側「18年に入って4月の事件までの精神状態は?」
 鈴香被告「相変わらず...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


リバーシブルキャップ★フットマーク aging funシリーズ★髪の毛が少なめの方、寝ぐせが気にな...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年10月31日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。