北京:新しい高齢者介護サービスを導入 介護用品と介護施設

北京:新しい高齢者介護サービスを導入のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

北京:新しい高齢者介護サービスを導入

火星のわが家(廉価版)(DVD) ◆20%OFF!

新華社北京:北京寿山福海国際養老サービスセンター、中大恒基房地産経紀有限公司による高齢者介護サービス「養老房屋銀行」が18日、北京に登場した。
「養老房屋銀行」サービスとは60歳以上の介護を必要とする高齢者に向けたサービス。サービスを受けたい高齢者は、高齢者介護機関に申し出れば、北京寿山福海国際養老サービスセンターに入居することができる。そこでは、5つ星クラスの部屋で24時間介護サービスを受けることが可能だ。なお、センターに入居した場合、それまで住んでいた部屋は中大恒基房地産経紀有限公司によって委託管理され、賃貸物件として活用される。賃貸料収入は、センターに入居した高齢者の介護にかかる各種費用支払いにあてられる。
関連データによると現在、北京には60歳以上の高齢者が192万人暮らしている。その数は、2010年には221万人まで増えるとみられている。また民政部門の調査データによると、全国の60歳以上の高齢者のうち、3分の2は何らかの病気を抱えている。さらに8.9%の人は1人で生活をすることができず、北京市だけで、17万1000人の高齢者が特別な介護を必要としているという。また、子供達と同居せず、高齢者だけで暮らしている家庭も増えている。東城区安徳里居住区では、全世帯の55%が、高齢者だけの家庭であるという。
【翻訳編集:JCBB(K.K)/G-SEARCH】


(引用 livedoorニュース)


第11弾 人気急上昇離乳食の決定版! 野菜フレーク4袋セット


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。