「犯罪被害者救済。もっと公の予算をかけてほしい?」90%がYesと回答 ~サーベイ調査結果発表 2007年10月 介護用品と介護施設

「犯罪被害者救済。もっと公の予算をかけてほしい?」90%がYesと回答 ~サーベイ調査結果発表 2007年10月のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

「犯罪被害者救済。もっと公の予算をかけてほしい?」90%がYesと回答 ~サーベイ調査結果発表 2007年10月

冬季限定品:「期間限定品」あったかベットパット(敷きパッド)
株式会社イー・ウーマン(港区・代表佐々木かをり)が運営する参加型コミュニティサイト「イー・ウーマン」 にて、サイト利用者を対象に、犯罪被害者の救済について実施した調査「サーベイ」の結果を発表します。[調査期間:2007年10月15日~19日]。

■犯罪被害者救済。もっと公の予算をかけてほしい?
≫≫ 調査結果の詳細はこちら
http://www.ewoman.co.jp/survey.html?c=016950003&a0.x=7&a0.y=3

■調査のポイント

・一般の人にできるボランティア活動とは
・被害者の方が話すシンポジウムやセミナーについて
・犯罪被害者救済に公の費用をかけるなら、直接支給か間接支援か……など

■解説:志賀こず江さんによるコメント(抜粋)

「犯罪被害者救済に、もっと公の予算をかけるべきかどうか」というテーマから、ボランティア活動、その前提として、被害者の実情を知る機会をどうしたら持てるかというところまで、とても深い議論が出来たと思います。

こういうテーマは地味で、投稿してくださった方がおっしゃっているように、ほとんどの人は、「私は犯罪被害とは無縁だろう」と思いこんでしまっているので、なかなか自分のこととして考えられないものです。それだけに、自分自身の被害体験や遺族としてのお気持ちを明かしてくださった方には、心からお礼を申し上げたいと思っています。

公の予算は、最も効果的に、最も効率よく使われるべきです。そして、その使い方は、税金を納めている私たちがきちんと監視してゆくべきものです...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


リバーシブルキャップ★フットマーク aging funシリーズ★髪の毛が少なめの方、寝ぐせが気にな...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。