故小田実氏の運動の柱を再確認=「市民による「福祉基本法」制定に向けて」を考える会で 介護用品と介護施設

故小田実氏の運動の柱を再確認=「市民による「福祉基本法」制定に向けて」を考える会でのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

故小田実氏の運動の柱を再確認=「市民による「福祉基本法」制定に向けて」を考える会で

≪送料無料≫入浴の際も安心。さわやかなパステルカラーのシャワーベンチ シャワーベンチMini(...
【PJ 2007年10月22日】- 「市民の意見30・関西」「良心的軍事拒否国家日本実現の会」が20日、兵庫県芦屋市の芦屋山村サロンで「新たな市民の政策づくり―福祉基本法制定に向けて」と題して、市民集会を開催した。

 この日の集会のテーマは「福祉の基本理念」で、これまで福祉の分野で、さまざまな提言を行ってきた岡崎祐司氏(沸教大学福祉学部社会福祉学科教授)が語り手として招かれ、児童福祉、障害者福祉、高齢者福祉などの福祉全般について、行政のかかわり方、福祉事業のかかわり方、一般市民のかかわり方の3つの視点から、福祉の目的、福祉の役割、福祉事業の問題点などについて、総体的に解説した。

 岡崎氏は、昨今、コムスンの問題など福祉事業者の福祉に対するかかわり方が問題になっていることについて、「福祉の環境が変わって、競争が激化していく中で、福祉事業者は、しかし、やっぱり生き残っていかないといけない。本来の福祉の使命を維持しながら、どうしていくかということを、事業体は悩んでいます。本来は、政策のところで、しっかり、非営利の事業体が、事業ができるような政策をつくっていかないといけないのです。今、不祥事が出ているのは、政策のところで、ひずみがあるからだと思います」と話し、非営利の事業体側の立場から、非営利事業体が抱える問題を示した。

 集会には、故小田実氏とともに 阪神・淡路大震災の復興のために尽力した神戸大学名誉教授、早川和男氏も参加...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【バーゲン1029】【週末1102】【SA1101】


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。