現代の名工:県内から3人 /三重 介護用品と介護施設

現代の名工:県内から3人 /三重のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

現代の名工:県内から3人 /三重

本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【バーゲン1029】【週末1102】【SA1101】
 優れた技能を持ち、他の技能者の模範となっている人を表彰する今年度の「卓越した技能者(現代の名工)」に県内から3人が選ばれた。31日に東京都で表彰式が行われる。
 選ばれたのは▽菰野町福村の瓦ふき工、小林清良さん(69)▽伊賀市石川の左官業、安川義一さん(69)▽伊勢市大世古の日本料理人、中川武さん(73)。
 小林さんは、屋根ふきで、新しい瓦の固定方法を考案。瓦を固定する「なじみ土」の素材研究などを行い、台風など自然災害に弱い和風の屋根瓦の弱点を克服した、
 安川さんは、純日本工法と現代工法を合致させ、日本の風土に適した住みよい家づくりやまちづくりを行っているほか、講習会などの活動を積極的に行い、後継者育成にも貢献している。
 中川さんは、他の料理人の模範となるようなさまざまな日本料理を創作し、日本料理の新境地を開拓したほか、介護食分野でも後進の育成に尽力している功績が認められた。
 今年度の「現代の名工」には全国で440人が推薦され、うち150人が選ばれた。【田中功一】
 ◇災害に強い技術広め--菰野 瓦ふき工・小林清良さん(69)
 「認めていただき本当に喜んでいます」と語る。笑顔がこぼれた。
 代々の瓦ぶき職人の家に生まれ、当然のようにその道に入った。「天職」という。屋根に土を敷いて瓦を固定する伝統の「土ぶき」の技法を応用し、災害に強い瓦ぶき技術を広めたことが評価された。瓦を安定化させるだけでなく「土を敷くことで夏は暑くならないし冬は暖かい」と言う...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


【送料無料】伸縮性バツグン。ぽかぽか♪エンバランス ニットスパッツ


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。