乱脈官僚vs乱世の英雄。舛添要一氏にエールだ! 介護用品と介護施設

乱脈官僚vs乱世の英雄。舛添要一氏にエールだ!のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

乱脈官僚vs乱世の英雄。舛添要一氏にエールだ!

立てるんバー/アシストポール
【PJ 2007年10月27日】- このところ政界で大活躍の舛添要一厚生労働相(58)。幼少時には家業が傾き、高校時代に実父を亡くした苦学生とされるこの人、乗馬、ゴルフ、スキー、柔道、クロスカントリーなど多趣味な人物(wikipedia)だという。英語やフランス語に長じ、多くの翻訳書を手がけるかたわら、実母の献身的な介護が話題となった。参院選の最中、「アルツハイマー発言」の麻生太郎外相(当時)に「選挙の足を引っ張るな」に抗議し、同席を拒否したこともある。

 東大助教授時代からマスコミの寵児となり、エキセントリックな言動は時に物議をかもすこともあった。「嫁さん以外に、女の1人や2人抱くぐらいのエネルギーがないような奴に日本の政治は任せられない」などの問題発言は、厚労相就任以降も続き、社保庁職員の年金保険料の着服・不正受給問題では、「市町村は社保庁よりもっと信用ならない」や、反発する自治体トップに「小人のざれ言」と発言。「口害」を続発させている。

 度重なる結婚と離婚など「下ネタ」をあげつらうメディアや評論家のなかには、「あれは言いすぎ、やりすぎ」と批判。「いずれ、役人から足元をすくわれる」と見下す人物も少なくない。だが、歴代の厚労相が先送りし続けた「年金問題」の早期解決に着手し、奈良県の「妊婦たらいまわし事件」ではすぐさま県知事と面談。全国知事会との懇談を開始し、また「薬害訴訟事件」では、全国5カ所で係争中の訴訟の一括和解について「そういう決意で解決したい」と答弁...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


バック&チェアー


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月02日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。