<診療報酬改定>病院勤務医の負担軽減策を提示 厚労省 介護用品と介護施設

<診療報酬改定>病院勤務医の負担軽減策を提示 厚労省のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

<診療報酬改定>病院勤務医の負担軽減策を提示 厚労省

送料無料!モダンタイプの新感覚カラー◎シルバーカー象印ベビー株式会社ウィズワン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000044-mai-soci
 厚生労働省は2日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関、中医協)で、08年度診療報酬改定で実施する病院勤務医の負担軽減策を提示した。開業医の診療報酬について、外来患者を時間外に診療した場合の加算を手厚くする代わりに初・再診料を引き下げ、夜間や休日に診療をしないと高収益を望めない体系に改めることが柱。地域の診療所に夜も患者を受け入れさせることで患者が大病院に集中しないようにし、開業医と病院との役割分担・連携を強化する狙いだ。

 今回の方針は、医師不足対策としての勤務医の負担軽減とともに、定時診療しかしない開業医の収入を抑えることに狙いがある。在宅医療に力を入れている開業医を支援するための施策となる。

 この日の審議で、日本医師会の代表は初・再診料の削減方針に対して強く反発し、「時間外診療をするために医者が泣け、というのは断固反対だ」と異論を唱えた。

 また、厚労省は同時に、急性の重篤患者を常時受け入れられる人員、設備を整え、産科、小児科、精神科を含む総合的医療を提供できる医療機関への報酬を手厚くする方針も表明。書類作成業務など医師の事務作業を補助する事務職員を配置する際に加算措置を設けることも打ち出した。

 一方、来年4月からスタートする75歳以上の後期高齢者医療制度に関連し、外来患者を診る主治医の初診料を引き上げる一方、再診料は下げる考えを示した。高齢者の場合、初診時には過去の受診歴や、受けている介護サービスなどを詳しく聞く必要がある半面、2回目以降は慢性疾患の経過観察などが中心になるためとしている...

ニュースの続きを読む


送料無料!足の運びもラクラク、歩きやすいコンパクトカー◎シルバーカー株式会社島製作所サニ...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月02日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。