桐生・みどり連携市長会議:小3まで医療費無料に--初開催 /群馬 介護用品と介護施設

桐生・みどり連携市長会議:小3まで医療費無料に--初開催 /群馬のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

桐生・みどり連携市長会議:小3まで医療費無料に--初開催 /群馬

[DVDソフト] 渡辺篤史の建もの探訪 「スローライフ」編 PART2【野球_日本一2007シーズン】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000056-mailo-l10
 桐生市の亀山豊文市長とみどり市の石原条市長は1日、桐生市役所で、連携推進に向けた初の市長会議を開いた。両市の行政サービスの格差是正が目的で、来年度から小学校3年生までの医療費無料化を決めた。さらに職員の人事交流や乗り合いバスの相互乗り入れなど8項目についての定期協議の実施を確認した。
 会議後の記者会見で、亀山市長は「長い間、両地域は連携を保ってきた。最終的には合併だ」とし、石原市長も「飛び地の不便を解消していく。その先に合併がある」と述べ、そろって合併を目指す考えを強調した。
 8項目には(1)浄水場や主要水道管の共用化(2)子育て支援事業などの共同実施(3)介護保険事業や消費生活センターなど相互連携――などが盛り込まれ、市長会議を2カ月に1回程度開催するという。小学校3年生までの医療費無料化の対象者は08年度で両市計約5000人。財政負担額は1億6562万円に上り、県の補助金を見込んだ上でも、桐生市は約5000万円の負担増となる。
 乗り合いバスは主要病院やショッピングセンターなどを結ぶ両市域全体をカバーする相互乗り入れを進めていく。また、廃線が危惧(きぐ)されるわたらせ渓谷鉄道について、亀山市長は「鉄路は必要と思っている」と述べ、石原市長は「地域の重要なパーツの一つだ」とし、共に存続を求めていく考えを示した。【塚本英夫】

11月2日朝刊

【送料無料!】フェビオン マイクロバブルベスティ Micro Bubble Besty 美泡シャワーヘッド


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月02日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。