<トヨタ>20年代にはロボットを中核事業に 介護用品と介護施設

<トヨタ>20年代にはロボットを中核事業にのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

<トヨタ>20年代にはロボットを中核事業に

お掃除革命「アカパックン」 お風呂用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000115-mai-bus_all
 トヨタ自動車は2日、2020年代の同社の将来像を示した「グローバルビジョン2020」をまとめ、家事や介護を支援する「パートナーロボット」を実用化し、ロボット部門を中核事業の一つに育てる方針を明記した。ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせた低燃費のハイブリッド技術を全車種に展開することも打ち出した。

 3日に創立70年を迎えるのを機に策定した。今年の自動車販売台数が初の世界首位をうかがう勢いだが、女性の社会進出や高齢化社会を背景にロボットにも積極的に進出して市場開拓し、新たな成長の柱に育成したい考えで、初めて中核事業化の時期を明示した。

 トヨタは車の生産工程にロボットを利用しており、その技術を応用して、05年の愛知万博でトランペットを演奏する二足歩行のロボットを出展した。今年8月には自動車技術を展示する「トヨタ会館」(愛知県豊田市)に、身ぶり手ぶりを交えて展示物を紹介するロボットを配置した。

 ハイブリッド技術は、「プリウス」などで業界をリードしているが、ビジョンは「(家庭用電源で充電できる)プラグインハイブリッドなど、進化した技術の全モデル展開を図る」と表明。ガソリン価格が高騰し、地球温暖化が深刻化する中、環境重視の姿勢をアピールする。【谷川貴史】

マグレックス やさしい給与Ver6 GR1231


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月03日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。