秋の叙勲:41人が受章 /山梨 介護用品と介護施設

秋の叙勲:41人が受章 /山梨のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

秋の叙勲:41人が受章 /山梨

本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【野球_日本一2007シーズン】【SA1101】【オープン...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071103-00000100-mailo-l19
 秋の叙勲が3日付で発令され、地方自治や社会福祉、文化・教育などで功労があった県内在住者36人と県にゆかりのある県外在住者5人の計41人が受章した。5~9日に伝達される。韮崎市内の小中学校などで学校歯科医を長年務めてきた元県歯科医師会会長、金山公彦さん(71)=同市本町1=に、旭日双光章を受章した喜びの声を聞いた。
 ◆旭日双光章
 ◇歯科医療拡大に尽力--元県歯科医師会会長・金山公彦さん(71)
 「良き先輩に出会い、歯科医師会の仕事を任せていただいた。協力してくれた会員のお陰です」。今年3月まで40年以上にわたり、学校歯科医を務めてきた金山さんは、顔をほころばせた。
 東京歯科大を卒業後、韮崎市内で1963年に開業したが、小学生の虫歯の多さに驚いた。県歯科医師会の専務理事に就くと、口腔(こうくう)衛生の重要性を認識してもらおうと、当時は甲府、韮崎の2市だけで行っていた「歯の衛生週間」を県下全域で実施。役所などにも働き掛け、子どもの歯科検診や歯磨き粉の無料配布を行った。
 開業時、生え変わる子どもの歯は虫歯予防や治療の必要はなしとする誤った考えが浸透していたが、活動のかいあって「今では虫歯の子を探すのが大変なくらい」というほど、劇的に改善したという。会長時代には、甲府市の救急医療センターで休日夜間の救急歯科診療も実現させた。
 70歳を機に学校歯科医を辞した今、取り組んでいるのが寝たきりの人への歯科治療など高齢者医療を巡る問題...

ニュースの続きを読む


本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【野球_日本一2007シーズン】【SA1101】【オープン...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月03日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。