地域包括支援センター:根付いた活動1年半 お年寄りたち「心強い」--大垣 /岐阜 介護用品と介護施設

地域包括支援センター:根付いた活動1年半 お年寄りたち「心強い」--大垣 /岐阜のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

地域包括支援センター:根付いた活動1年半 お年寄りたち「心強い」--大垣 /岐阜

高齢犬の心臓や腎臓の健康に配慮したフードです!サイエンスダイエット シニア 小粒 高齢犬...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000043-mailo-l21
 在宅介護や地域福祉の拠点として設置された「地域包括支援センター」制度が06年4月にスタートして1年半。大垣市から委託を受け大垣市社会福祉協議会が設置した「地域包括支援センター」が、地域にどっしり根付いた活動を続けている。24時間態勢で相談に応じており、お年寄りたちからは「心強い」と喜ばれている。【子林光和】
 同センターは高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けていけるように支援する総合機関。主任ケアマネジャーなどの専門職が連携してさまざまな相談を受け、介護予防サービスのケアプラン作成や高齢者虐待などに対して必要な援助を行う。本人や家族、親族だけでなく友人や近くの人からも受け付ける。
 同市では市民3万人に1チームを目安に、市介護保険課に1チームと委託を受けた同協議会に4チームある。
 同協議会は原則として保健師または介護士、社会福祉士、主任ケアマネジャーの3人が1チームを組む。メンバー1人が毎月、20人のお年寄りの機能訓練などの予防プランを作成するほか、在宅サービスや施設入所など各種相談に応じる。
 住宅改修や家族による虐待などの相談も寄せられ、相談件数は今年5月までは2ケタだったが、6月以降は毎月100件を超えた。
 土日、祝日が原則休みだが、相談の予約が入れば休みや夜間を返上して活動。職員が交代で携帯電話を持っており、24時間いつでも対応できる態勢を整えている。複雑な相談に対応するため、週1回のチームミーティングを行い、さらに緊急性が必要なものについては随時、チームで話し合う場を設ける...

ニュースの続きを読む


★店長おすすめ★お口の感覚にもやさしく扱いやすさも考えられた逸品♪日本の名木「檜」の檜介...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。