しんそう-深層・真相・心想:解説編 生活直撃する石油価格高騰 /長野 介護用品と介護施設

しんそう-深層・真相・心想:解説編 生活直撃する石油価格高騰 /長野のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

しんそう-深層・真相・心想:解説編 生活直撃する石油価格高騰 /長野

本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【野球_日本一2007シーズン】【SA1101】【オープン...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000117-mailo-l20
 ◇業者の疲弊も深刻
 今月から全国で一斉に大幅値上げされたガソリン価格。県内では1日から、1リットルあたり5円程度値上げされ、レギュラーでは大半が151~153円に値上げが行われた。車の利用率が高い県内では家庭や企業で値上げの影響が大きい。一方、販売業者も利益が出ず、「さらに閉鎖する業者が増えるかもしれない」との懸念が広がっている。【谷多由】
 値上げ前日の10月31日。国道19号沿いにあるセルフサービスの「ENEOSペトロ相馬中御所店」(長野市中御所)では午後9時を過ぎても、駆け込みで給油する車の渋滞ができていた。
 同店では、1日からの値上げを前に先月30日ごろから買いだめをする人が増え、31日には普段の約2倍もの利用があった。冬場を前に灯油の買いだめをする人も多く、普段の2~3倍売れたという。この影響で1日の同店利用率は普段の6割にとどまり、2日も客足はまばらな状態だった。
 長野市の保険代理店経営、飛山直子さん(45)は「営業中心の仕事ではどうしても車が必要。効率よく回るようにルートを考えたり、エアコンの使用を減らし、重い荷物を載せないようにして節約する」と話す。また信州新町に住む介護士、藤井志げ子さん(40)は「もう灯油を使い始めているが、十分に暖まったらこまめに消すようにしている。それでも減ったら買わざるをえない」
 一方で販売業者側も価格高騰を受けて、経営の苦しさを訴える...

ニュースの続きを読む


★店長おすすめ★お口の感覚にもやさしく扱いやすさも考えられた逸品♪日本の名木「檜」の檜介...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。