日曜インタビュー:舞台女優・人村朱美さん /福井 介護用品と介護施設

日曜インタビュー:舞台女優・人村朱美さん /福井のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

日曜インタビュー:舞台女優・人村朱美さん /福井

★店長おすすめ★お口の感覚にもやさしく扱いやすさも考えられた逸品♪日本の名木「檜」の檜介...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000260-mailo-l18
 ◇市井の人々の生き様描く--人村朱美さん(56)
 ◇来月1、2日「熊谷ホテル物語」公演
 敦賀市を中心に活動する市民劇団「いっかいこっきり」のメンバーらが、12月1、2日、「熊谷ホテル物語」(市文芸協会など主催)を公演する。戦前、国際港として繁栄を極めた敦賀に実在したホテルをテーマに、史実を織り交ぜながら、市井の人々の生き様を描く舞台。演出・演技指導を担当し、従業員役で出演する舞台女優、人村朱美さんをけいこ場に訪ねた。【平野光芳】
 ◇「敦賀人の誇りと自覚を」とメッセージ
 ――「熊谷ホテル」はどのようなホテルで、なぜテーマに選んだのですか。
 人村さん 現在の敦賀市元町に1900年ごろ開業した、外国人相手の名門国際ホテルです。敦賀は戦前、シベリア鉄道に接続する国際連絡船が発着し、日本と欧州の窓口でした。外国人旅行客や外交官など多くが利用し、外交官・杉原千畝が発行した「命のビザ」で敦賀に上陸したユダヤ人も泊まったそうです。戦災で消失し、現在はもうありません。
 地元に埋もれている歴史を掘り起こし、まちおこしにつながればとの思いで今回、テーマに選びました。ホテルに関する情報が少なく、聞き取りや史料集めから始め、外観や内装、様子などを調べました。
 ――物語の内容は?
 人村さん 愛想が良くて働き者の女性従業員・チヨと、フロントマンの公方、オーナーの熊谷嘉七らが中心人物。実際に宿泊した記録がある米の黒人詩人、ラングストン・ヒューズ(1902~67)なども登場します...

ニュースの続きを読む


お出かけ時に最適なコンパクトタイプ♪手軽にしっかり吸収しますシーズイシハラ 尿取りパッド...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。