火星が地球化!? 15歳の君へ「22世紀の未来予想図」 介護用品と介護施設

火星が地球化!? 15歳の君へ「22世紀の未来予想図」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

火星が地球化!? 15歳の君へ「22世紀の未来予想図」

本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【野球_日本一2007シーズン】【SA1101】【オープン...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071105-00000905-san-soci
 100年後には「人類が火星に移住」し、各家庭では「家事や介護をするロボットが生活必需品」となる。こんな未来予測を集めた「15歳の君に見てほしい22世紀の未来」(徳間書店刊、1260円)が出版された。執筆したのは、工学博士で日本工学アカデミーの会長を務める中原恒雄さんや住友グループの技術者などでつくる「未来予測研究会」。小・中学生の理科離れが叫ばれるなか、中原さんは「子供が科学に興味を持つきっかけになってくれれば」と期待を寄せている。(前田明彦)

 住友グループのOB会は昨年、報知新聞が1901(明治34)年に紙上で発表した「20世紀の予言」で、未来予測のいくつかの技術が当たっていたことに触発され、フォーラム「100年後の未来技術の展望と夢」を開催。その後、この内容を本にできないかという要請を受け、中原さんたちが引き受けた。
 執筆にあたり中原さんは「今の若い人たちに読んでもらいたい」という点を強く意識した。「現在、科学分野を学ぶ人が少なくなっている。このままだと日本の技術は海外に負ける」と、危機感を強くしていたからだ。
 このため、文中で15歳の少年とその家族の会話などを織り交ぜて読みやすくするように工夫。15歳という年齢にこだわったのは「これからの進路を考え、自分が理系か文系かを意識する年だから」と明かす。
 未来を予測した本を何十冊も読んで参考し、あまり技術的になりすぎないように配慮...

ニュースの続きを読む


【送料無料】カワムラサイクル 介助用座り心地と乗り心地、「やさしさ」をコンセプトに開発。...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。