二審は住民票作成認めず=事実婚夫婦の無戸籍児-東京高裁 介護用品と介護施設

二審は住民票作成認めず=事実婚夫婦の無戸籍児-東京高裁のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

二審は住民票作成認めず=事実婚夫婦の無戸籍児-東京高裁

足つかれな~い!同色5足セット【送料無料】
 東京都世田谷区に住む事実婚夫婦の無戸籍児の住民票が作成されなかった問題で、夫婦らが区に住民票不記載処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が5日、東京高裁であった。藤村啓裁判長は「区に裁量権の逸脱、乱用はない」として、住民票作成を命じた一審東京地裁判決を取り消し、夫婦らの請求を退けた。夫婦は上告する方針。
 訴えていたのは、介護福祉士の菅原和之さん(42)夫婦と二女(2つ)。菅原さんは二女の出生届を出した際、続き柄の欄に「嫡出でない子」と表記することを拒否した。このため世田谷区は出生届を受理せず、住民票も作成されなかった。
 藤村裁判長は、続き柄欄の記載が婚外子への差別に当たるとの夫婦の主張に対し、「民法が法律婚主義を採用していることなどからすれば、合理的理由のない差別とは言えず、憲法に違反しない」と述べた。 
(引用 yahooニュース)


パラマウントベッドワイドアウラ100cm幅3点セットエバーフィットマットレス清拭タイプ【半額以...


◆介護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年11月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。